カネ渡しとかなきゃ!!   

Excite エキサイト : 政治ニュース<コムスン>「処分逃れ」に閣僚ら相次ぎ批判

 珍しいですね、癒着が出てこないとは。
肝心の所にカネが渡っていないか、ケチって出していないのかなあ。
介護企業は色々とありますが、大なり小なりごまかしが有るんじゃないでしょうか。
まともにやっていたら、まず儲けは微々たるものでしょうから従業員から搾取するか保険制度からちょろまかすかしか、今の制度では難しい様な気がする。
バックとなる所がしっかりしていれば、そんな事もないでしょうが。

なけなしの年金受給者からも徴収している現状からして、
そろそろ介護保険を抜本的に見直す時期が来てる様に思われます。








 雇用偽装が発覚し、事業継続が困難となっている訪問介護大手「コムスン」が、グループ内企業に全介護サービス事業を譲渡しようとした問題について、8日午前の閣議後会見で閣僚から批判が相次いだ。

 甘利明経済産業相は「(行政の)処分逃れだとしたら、けしからん。ユーザーに対するサービスの信頼性をきちんと確保しないといけない」と指摘。菅義偉総務相は「問題があった企業が、関係のグループ会社に職を委託することは、社会常識的にも通念上も考えられないこと」と非難するとともに、利用者のサービス確保について「円滑に移行できるような期間を設ければできる」と述べた。高市早苗少子化担当相も「道義的に大いに問題がある」と強調した。

 一方、大田弘子経済財政担当相は「法令違反はとんでもない」としながらも、「民間の参入が悪いという方向でなく、健全な介護市場、介護保険制度のあり方に向けてルール整備をしていくことが必要だ」との考えを示した。

[PR]

by e_jovanni | 2007-06-07 23:50 | 政治

<< チラシ代も我々の年金ですか? 一体どこまで? >>