タグ:事故 ( 8 ) タグの人気記事   

塗りつぶしたって事故は消えません。   

Excite エキサイト : <中華航空>事故機の英語社名と花マーク塗りつぶす

まあ、塗りつぶしたって事故があった事実は消えません。
非常に中国らしい航空会社と言えばそれまでだけど、機長といい航空会社といい普通じゃ考えられません。
乗客が騒いでも無視しておいて、全員無事だったのは私たちの日頃の訓練の成果などと自画自賛している。
やはりマナーの無い国民にマナーを望んでも無理なんじゃないですかね。
こういう飛行機に乗るには相当な覚悟が要りますね。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-08-22 23:49 | いっちょかみ

何で穴が?   

Excite エキサイト : <エスカレーター>女性が足挟まれ親指切断 JR川崎駅ビル

何で穴が開いてたんですかね。
壊れていたのなら、明らかに整備不良でしょう。
メーカーと管理者の責任でしょう。

エスカレータに乗る時は必ず足元をよく確かめてから乗りますから穴が開いてる場合はすぐに気づきますが、最近の若い女性は気にならないんですかね。
私なんか最低でも一段は見過ごして確認してから乗ります。
こけたりするとみっともないもんでね。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-08-13 23:54 | いっちょかみ

当然でしょう。   

Excite <福知山線脱線>前社長の垣内氏、被害者担当顧問に

これはやっぱり当然と言うべきでしよう。
あまりにも遅いかも知れませんが。
JRもまだまだ官僚的ですね、天下りなどが大手を振ってまかり通っているのは民間とは言えそうにないですね。
きっちりとケジメをつけて、残るのならば担当としてこういう風に残るべきでしょう。
これでもう少し頭を柔らかくした発想が出来れば申し分ないのですがね。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-18 23:13 | いっちょかみ

あの会社は特別でしょう。   

Excite 全国3施設は問題なし 立ち乗りコースター点検

政界との癒着、万博終了後もそのまま営業が継続された。
泉陽興業の社長=エキスポランドの社長の事が随分、話題になってますが、あの北京の遊園地の件も偶然だったのか、ちょうど同時期に話題になってました。
事故の後、この会社のHPを見ると北京の遊園地の記事があっという間に消されていました。
この会社、メーカーでありながらとぼけてマトモな点検をしていなかった。
明らかに責任重大です。どうせ飽きられるから、そんなに長く動かす事はないだろうタカを括っていたんじゃないですかね。
いずれは廃棄する遊戯施設に金をかける事はないと、儲かればいいんだという会社ですね。
週刊誌以外でこの話題を続けているマスコミが少なくなっています。
これも癒着のせいでしょう。
ただ、一人亡くなっているだけにそんな事で済ませられる訳がないとおもうのですが。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-14 23:50 | いっちょかみ

単なる馴れ合い?   

Excite <コースター事故>JIS違反指示の部長が検査資格の講師

これ、やっぱり資格と言ってもほとんど講習だけじゃないですか。
持ってても大した意味も無い資格ですね。
更には、財団法人は天下り先だし官僚と民間の癒着じゃないですかね。
安全なんか二の次の資格の様です。
何の改善もしてこなかった国にも責任があるのは、これで明白です。
どうも、癒着、談合の温床になってる様な気がしてならない。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-10 23:19 | いっちょかみ

当然でしょう!!   

Excite <コースター事故>エキスポランド検査員の資格はく奪へ

当然の話だと思いますが、この資格自体それほどの価値が有るとは思えません。
防火管理と一緒で単に講習さえ受けたら良い資格じゃないんですかね。

昇降機検査資格者とは?
建築基準法第12条第3項及び同施行規則第4条の20の規定に基づき定期的に、昇降機(エレベーター、エスカレーター等)及び遊戯施設(ジェットコースター、観覧車等)の安全確保のための検査を行い、その結果を特定行政庁へ報告する制度があります。その定期検査を行うことができる者を「昇降機検査資格者」といいます。

資格を取得するには?
国土交通大臣の登録を受けた者が実施する「登録昇降機検査資格者」講習を受講し、修了考査に合格する必要があります。当財団ではその講習の実施機関として国土交通大臣の登録を受け(登録番号 登昇講第1号)、毎年、東京・大阪で講習会を開催しています。平成16年度より講習修了者に対して、当財団より講習修了証明書が発行されることになりました。


この説明だとやっぱりそうですね。そんなに大した資格じゃないからそれほどの使命感や意識もないでしょう。それに「エキスポランド」の親会社(というよりも社長が同一人)は遊園地のプロデュースだし、ジェットコースターも作っている会社なのに認識が余りにも浅過ぎる。
出来るだけ手抜きしたいという事なんでしょうね。
北京の偽キャラで話題になっている遊園地を作ったのもこの会社だし、HPに堂々とその名前が出ていたのに、この事故の後その分の説明が消されてしまっている。
明らかに何らかの意図を感じています。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-09 23:10 | いっちょかみ

脇見、冗談じゃない。   

Excite 「物を取ろうと脇見」 追突トラックの運転手が供述

プロの運転手が脇見?
冗談じゃない。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

この会社自体も存亡の危機ではないでしょうか。
マイクロバスはお手軽ですが、非常に危険が多い様に感じられます。
従業員の為の慰安旅行であるだけに、少しでも危険性を排除してもしもの時を考えて出来る限り分散してでも行かないと、こういう状態に陥ってしまう。
もう少し考慮して、実施されればと残念に思います。
トップにもしもの事がれば、たちまち従業員とその家族が困ってしまう。
それだけに、もう少しリスクを分散していればと思ってしまいます。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-08 23:36 | いっちょかみ

保守は難しいんじゃ?   

Excite <コースター事故>点検、遊園地任せ 安全教育も規定なく

これは起こるべくして起こった事故でしょう。
保守の体制がしっかりしていれば、死者が出る事は無かったと思います。
今迄、全く対策を取っていなかった国の体制が一番の問題であり、その次にメーカーの責任、設置している業者は運用上の責任があるでしょう。
エレベータや防火設備と同じ様に規制の網をかぶせておくべきであって、遊戯施設側に全ての責任をかぶせるのは酷過ぎると思います。

メーカーが保守の責任を持って専門的に点検して行くべきであって、施設側がそれをやるとどこで手を抜くかも分からないし、どの程度の技術力があるのか分からないだけに危険が一杯だと思います。(このメーカーは潰れているそうで技術情報の提供も難しいのでは)
これからは、リスクを覚悟して乗る覚悟が必要でしょう。
空港の様に、保険の自動販売機も設置しないとダメかも........

More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2007-05-06 22:52 | いっちょかみ