<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

これは文化として世界遺産では!!   

Excite 「お遍路」を世界遺産に 四国4県、共同で提案

お遍路さん自体を文化として世界遺産に登録するというのは良い考えだと思います。
宗教的であっても、この文化は「お接待」を含めて独特なだけに世界遺産として世界に誇れる文化だと思う。

d0040314_0363865.jpg


今まで申請しなかったというのも遅過ぎますが、まあ登録されれば良しとしましょう。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-30 00:39 | いっちょかみ

中途採用の柔軟な継続を。   

Excite 「教師への夢かなえます」 島根、団塊向け新採用枠

いい試みだとは思いますが、何も団塊世代に拘らず社会経験のある世代を継続的に教育現場に採用して行った方が良いと思います。

根っからの教師というのは直ぐに分かりますね。
まず世間を知らない方が多過ぎる。
あまりにも世間に揉まれていないとこうなるのかという典型を見る事が出来ます。
そういう意味で現場への刺激という意味でも継続して行った方が良いでしょう。
あまりに少ないと、教師社会は異質なものを認めませんから逆に教師間のいじめにもなりかねない。これで自殺した校長が居たくらいですからね。
島根の教育委員会も捨てたもんじゃないですね。
今時、珍しい教育委員会?

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-29 00:35 | いっちょかみ

64年ぶりですか。   

旧日本軍の潜水艇、シドニー湾で発見される

特殊潜航艇によるシドニー港攻撃ですか、ここまでWikipediaに書かれているとは驚きですね。
「Attack on Sydney Harbour」として英語版も有りますね。
特殊潜航艇はパールハーバーにも参加していたのは知ってはいましたが、シドニーまで行ってるとは。あの当時潜水艦だけでの単独作戦が結構多かったんですか。
結局はこれが「回天」に繋がって行くんでしょうが。

自爆した2隻の特殊潜航艇は6月4日、5日に引き上げられ、9日にオーストラリア海軍シドニー要港司令官ムアーヘッド・グルード海軍少将は乗員4名(松尾大尉・中馬大尉・大森一曹・都竹二曹)の海軍葬を行った。戦時中に敵国大日本帝国の海軍軍人に鄭重な礼を尽くすことにはオーストラリア国内でも批判があったが、小型の特殊潜航艇で港内深くまで潜入し、敵に発見されるや投降することなしに自沈する松尾大尉らの勇敢さに対して、オーストラリア海軍は敬意を表したものである。
そして、4人の遺骨は交換船によって10月9日に横浜に到着した。1943年3月27日、特殊潜航艇の乗員は二階級特進した。
引き上げられた特殊潜航艇は、現在オーストラリアの戦争記念館に保存されている。戦後、海上自衛隊の練習艦隊がシドニーに寄港する際には、慰霊を行うことが通例である。

これは、やはり丁重に慰霊を行って二度とこんな悲劇を起こさない様に世界の平和の為に特殊潜航艇を役立ててもらいたい。

d0040314_0143385.jpg


More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-28 00:29 | Peace

何の為に反対したの?   

Excite 造反組復党、59%が反対 共同通信世論調査

何の為に反対して離党までしたのか分からないと思いますが。
まあ、復党させればいいんじゃないですか。
本来の目当てが国民によく分かっていいんじゃないですか。
その結果が楽しみです。
何なら衆参同時選挙でもいかがですかね。
次は期待できそうかな?

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-27 00:42 | 政治

プチ731部隊。   

Excite 大戦末期に比で生体解剖 元海軍衛生兵が証言

色んな所に731部隊は居たんだ。
普通の人だったら黙ったまま死んでいく事は出来ないでしょう。
特にその事柄が誰も喋っていない非人道的な事だけに、人間の良心が許せないと思う。
異常な戦時下ではどんな事が有っても驚きはしないが人間として超えてはいけない線が有ると思う。結局それを超えてしまった分けだから何年経とうが重荷は消える事が無い。

今日は、半日病院に居た。
付き添いである。
療養病棟はほとんど寝たきり老人ばかり、今の医療の現状を考えさせられてしまった。
三ヶ月毎に移動ですか。
何なんですかこれは?
イヤな時代になって来た。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-26 01:38 | 人間として

街の紅葉。   

uncle-macさんの所でサクラの紅葉などが出てましたのでちょっと撮ってきました。
サクラの葉がこんなに色づくとは知らなかったですね。


d0040314_0432327.jpg


More(続きます)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-25 00:50 | 街角風景

いよいよ国防省。   

Excite 民主、条件付き賛成の方向 防衛庁省法案、3点要求へ

いよいよですか。
防衛庁でどうしていけないのか。
何かまたひたひたと近づいている様な気がする。
核保有などと叫んでいる閣僚などが出て来たし、その内2.26の再現ですかね。
あの時代と似て来た様な気がするのは私だけですかね。

まあ老兵には関係無いんだけど。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-24 01:00 | 政治

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」   

土曜日にドラマがやっとのことで放映されましたが色んな意味でお騒がせのドラマでした。
この本を読んだ時の感想でイマイチの様な事を書きましたが、私は泣けはしなかったですが感動はしました。

そういう意味でこのドラマにも期待していました。
ナガラで観てるともう一つ入りきれない感覚でしたが、その後改めて観てみるとそれなりの味わいのあるドラマでしたがホント同じ様に泣けた人はいたのかなと思えてならない。

d0040314_2381029.jpg


オカン役の田中裕子さん...良いですね、はまってましたね。
オトンに関しては蟹江敬三さん....また良いんじゃないですかね。
広末涼子に関してはもう一つですね。
最初の筑豊の風景...これセットだから仕方が無いのかもしれないですがチャチ過ぎて興ざめです。東京タワーに関しては現実に存在するわけだしシンボルとしても懐かしくも新しい。
主演の大泉洋...まあ昔から彼を観てましたがあんなものじゃないですかね。
まあ放映されて良かったですねと言いたい。

じっくり観てみるとこのドラマ、結構良かったと思えます。
オカンへの愛情、このドラマでは原作より以上に描かれていると思えます。
そういう意味で、彼..リリーフランキーがそこから抜けられるのか懐疑的に思えてしまう。
しかしながら、十分観る価値の有るドラマでした。

More(続きます)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-23 01:00 | ドラマ

投資に名を変えてるだけ?!   

Excite 被害相談、170件に 近未来通信閉鎖で投資家

投資というオブラートに包まれているけれども、これはマルチ商法と言えるのでは。

何でこんな話を信用するのかな?
よっぽど金が余ってるんですかね。
羨ましいですね。
まあ、預金しても何にもならないからそうなるんでしょうが、こんな怪しげな投資話に乗らなくてももう少し堅実なのがあるでしょう。それとも株につぎ込む方が納得できていいんじゃないですかね。
こういうのは大体自転車操業で資金を廻しているだけで、止まれば即破綻でしょうね。
未来を見据えた事業ならばベンチャー資金が入って行くでしょうし実体が見えないという事も無い筈ですが。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-22 01:00 | いっちょかみ

懐かしいなあ!!   

日本最古の柱時計8

こういう古い時計って手入れさえすれば動きますからね。
昔、古道具屋で買った振り子時計を磨いて油を指して使っていた事がありましたが、ネジを巻くのが週に一回ですか、それが邪魔臭くて今はどこかにしまい込んだままですね。
 昔の家(明治の頃)にもそんな古い時計があった様に思いますが、さあどこへ行ったのやら。

今日は、その話だけじゃなくて龍神温泉の事を。
懐かしいですね、バブル華やかなりし頃に何回かタクシーで泊まりに行った事があります。

d0040314_2353351.jpg


そう、この「上御殿」でしたね。昔のまま古い古い建物の旅館でしたが、風情は有りすぎる位じゅうぶん有ります。
そうですね、こんな露天風呂が有りました。温泉は共同浴場..外湯の方がいいですね。川のせせらぎの音を聞きながら温泉につかる。
やっぱりここは秘湯じゃないですかね。有名ですがさすがに不便な所ですからそんなに行ける所でもないし高野山経由のドライブが一番快適でしたが。
その頃は一軒だけスナックが有りましたが、平日なので温泉自体お客さんが少ないですから開店休業状態、だから余計に静かで川のせせらぎの音だけです。
ホント言うとこういう所で彼女と二人しっぽりとぬれてみたいのですがそういうカイショも無いし静かに酒飲んでせせらぎの音に何もかも忘れてという風情です。


いや未だ龍神村の様で良かったです。合併してたらがっくりでしたが。
温泉もいいお湯で肌がすべすべになりました。お薦めの温泉ですね。
こういう所で何日も湯治するのが最高なんですが、今はそんな余裕もない。

d0040314_0141189.jpg


More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-21 01:00 | いっちょかみ