カテゴリ:ドラマ( 10 )   

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」   

土曜日にドラマがやっとのことで放映されましたが色んな意味でお騒がせのドラマでした。
この本を読んだ時の感想でイマイチの様な事を書きましたが、私は泣けはしなかったですが感動はしました。

そういう意味でこのドラマにも期待していました。
ナガラで観てるともう一つ入りきれない感覚でしたが、その後改めて観てみるとそれなりの味わいのあるドラマでしたがホント同じ様に泣けた人はいたのかなと思えてならない。

d0040314_2381029.jpg


オカン役の田中裕子さん...良いですね、はまってましたね。
オトンに関しては蟹江敬三さん....また良いんじゃないですかね。
広末涼子に関してはもう一つですね。
最初の筑豊の風景...これセットだから仕方が無いのかもしれないですがチャチ過ぎて興ざめです。東京タワーに関しては現実に存在するわけだしシンボルとしても懐かしくも新しい。
主演の大泉洋...まあ昔から彼を観てましたがあんなものじゃないですかね。
まあ放映されて良かったですねと言いたい。

じっくり観てみるとこのドラマ、結構良かったと思えます。
オカンへの愛情、このドラマでは原作より以上に描かれていると思えます。
そういう意味で、彼..リリーフランキーがそこから抜けられるのか懐疑的に思えてしまう。
しかしながら、十分観る価値の有るドラマでした。

More(続きます)
[PR]

by e_jovanni | 2006-11-23 01:00 | ドラマ

神はサイコロを振らない   

神はサイコロを振らない

d0040314_22354224.jpgもう終わってしまったが、久しぶりに面白いドラマを見た。
こういう事が現実に起こりうる可能性があるのかどうかは知らないけれど、マイクロブラックホールってホントに有るのかなあ?


まあ、タイムマシンと似たような話ではあるが、ただ元の世界に戻れない。
10年後の世界に現れるSFの世界の話だけれど、実際に10年後に突然出て来てもらっても周りの人間、関係者にとってははた迷惑な事甚だしい。
突然、一人の人間が消える事によって巻き起こる色んな風が人々の生き方、運命を弄ぶ。
それが10年後現れる事によって、さらに大きな波紋を投げかける。




d0040314_22361539.jpgそれらの人が10日後には、元の世界に引き戻され、今の10年後の世界での痕跡は消されて消えてしまう。これも悲しい、悲し過ぎる物語ではないだろうか。

これらの消えた人たちと、周りの人たちの10年間の軌跡と葛藤を描いた物語だが原作ではホントに消えてしまう設定になっているとの事だが、ドラマでは何とかするのかなと思っていたのだが、ホントに消してしまった。
全く違う時空の世界で生きているという話で終わってしまった。
神はサイコロを振らないのだから、そういう結論で当たり前なんですがね。
ドラマとしては1日分が1回分として進行して行ったのですが、それ以上深く掘り下げてもしつこくなるだろうから、その程度でよかったのではと思う。

テレビドラマのSFとしては面白かったと思うのだが、あまり人気が無かったようで放送時間がよくずらされていたのが残念でしたね。


d0040314_22365113.jpg


More(あらすじ)
[PR]

by e_jovanni | 2006-03-23 22:41 | ドラマ

英雄伝説   

Excite エキサイト : 芸能ニュース  NHK大河「義経」最終回…タッキー次は「信玄演じたい」

ほとんど欠かさず見ていますが、やはり悲劇のヒーローは日本人には人気が有るんでしょうね。(最終回はちょっと未だ見てません)
やはり一瞬のうちに駆け抜けて行った太く短い人生だった義経。
色んな伝説が生まれて、ジンギス・カンにまでというのが有りますがさすがに少し時代が違うので無理が有ります。「櫻」の様にぱっと咲いてぱっと散るこの美学というか、潔い人生に日本人は引きつけられるのでしょう。企画意図を読んでみるとこのドラマの性格がよく分かる。

今、家族の絆、親子の絆のあり方が問われている。
平家の"偉大なる父"清盛が源氏の少年・牛若丸に伝えたものは家族愛の心と一族郎党の絆の大切さであった。そして、二人の心には永遠に満たされる事のない熱い母への思慕があった。「源平」という日本を代表する敵同士、清盛と牛若丸には、まるで真の父と子のように引き継がれていった絆があった。しかし、牛若丸は清盛が愛してやまなかった平家一門を滅ぼす義経となる。宮尾登美子氏の大作「宮尾本 平家物語」を原作として、この二人の人間愛を欲してやまなかった生き様を日本を二分した「源平の戦い」の中に描き若き義経と老獪な清盛を対比させ、混迷した現代社会の問題を解く大きな鍵を見つけていきたい。


d0040314_21213412.jpg


More
[PR]

by e_jovanni | 2005-12-11 22:02 | ドラマ

久しぶりに良いドラマ。   

ドラマスペシャル「ウメ子」
「誰もが経験した家族と友情の懐かしい記憶あなたの中にもウメ子はいます…坪田文学賞作品」

久しぶりにほのぼのとした良いドラマを見たと思う。
また二人の子役が何とも言えず、娘の幼い頃を思い出してしまった。
ただ最近の嫌な事件を聞いているだけに直ぐに突っ込みが入ってしまうのが玉にキズ。
寄り道をしながら帰ったり、冒険の旅に出るなんて今の社会じゃ許されないだろうなと思って昔を振り返りながらも突っ込んでしまう。だけどあんなに幼稚園時代の記憶が残っているものだろうか?自分自身で思い出しても、ほんの少ししか記憶に残っていないのに、あそこまで物語が作れる、それがやっぱり作家なんですかね。

d0040314_0213244.jpg


More
[PR]

by e_jovanni | 2005-12-06 00:46 | ドラマ

永遠の大スター「コーちゃん」   

d0040314_22201126.jpg今日の話題は、「コーちゃん」という愛称で生涯愛され続けた「越路吹雪」、宝塚の大スターとして人気を博しながら、「外に出たい、芸術家にならなくてもいい、私は芸人になりたい」と、新たなるショービジネスの世界へ。そして、舞台に映画にと活躍する中更なる飛躍を求め、単身パリへと旅立った。やがて大輪の花がより一層輝きを増し、シャンソン歌手として、ミュージカル女優の第一人者としてその人気を不動のものとした。しかし、ひとたび舞台を降りると、奔放で華やかなステージ上での姿からは想像もつかない、繊細で可憐な一面も持ち合わせていた。
 
そんな彼女を宝塚入団当時から生涯支え続けてきたのが、数々のヒット曲を手がけ、作詞家として活躍し続ける岩谷時子だった。「時子さんもどこか抜けてるし、私も抜けてる。二人でやっと一人前だよね。」と越路吹雪が口にした言葉通り、越路があまりにも早い生涯を閉じるまで共に友情を重ねていった.....

More
[PR]

by e_jovanni | 2005-11-25 23:01 | ドラマ

かわいい人ですね。   

瀬戸内寂聴さん。
今、ちょうどテレビで放映されているので少し書いてみたいと思います。
あれだけの愛憎劇の半生を生き抜いてきながら、今の彼女はすごくかわいいです。
人の話を聞く、聞いてあげるということ、これもひとつの修業だと思います。
自分の話を相手に伝わるようにすることは、人間の大事な力ですし、人の話を聞いてあげるということ、聞く耳を持つということも、非常に大切です。
身の上相談を受けた場合は、一生懸命聞いてあげればいい。「大変ね」と言ってあげればいいのです。
答えはいらない、ただ聞いてあげる。
 一生懸命聞いてあげてください。そして、小さいお子さんの時には、自分はこう思うという答えを話してあげてください。それこそが本当の相談です。

当たり前の言葉ですが、すごく身につまされるだけに感動を受けます。
d0040314_22324470.jpg


More
[PR]

by e_jovanni | 2005-11-24 23:29 | ドラマ

ドラマ「火垂るの墓」   

終戦六十年スペシャルドラマ「火垂るの墓」

原作とはまた違った視点からのドラマです。
原作やアニメとは違った「戦争に翻弄される人々の人間ドラマ」という宣伝文句なんですが、松嶋菜々子がきれいすぎるので、そこまでの演技がもう一つに感じました。
兄妹の演技は切なく悲しい。特に亡くなってしまう節子の幼児役の子の演技が実写版だと可愛いだけに、よけいに切ない。
d0040314_1111741.jpg


More
[PR]

by e_jovanni | 2005-11-02 01:34 | ドラマ

杉原千畝のドラマを見て   

先週、放映されましたが
「終戦60年ドラマスペシャル日本のシンドラー 杉原千畝 物語 六千人の命のビザ」
d0040314_010188.jpg

このドラマを見て非常に感動してしまったので、感じた事と彼の情報を書いてみたいと思います。
彼の事は以前から聞いていましたが日本のシンドラーと言われる人、たくさんのユダヤ人を救った人物という程度の知識で詳しくは知らなかったです。

More
[PR]

by e_jovanni | 2005-10-19 00:17 | ドラマ

恋するベトナム   

d0040314_14223059.jpg

7月2日たまたまテレビを見てるとこんなドラマに会ってしまった。
ベトナム縦断の旅をしながらの恋ドラマ。(ABC)
ホーチミンからダナン、フェ、ハノイへの旅。

再放送なんだけど全く知らなかった!!
西田尚美...すごい個性的な人ですね。
「夫婦」のドラマで初めて知ったのですが、すごく印象的で気になっていた人です。
名前も今回初めて知りました。
まだ第1回を見ただけですけど、私のベトナムへの思い入れと相まって
これは全部見ないとダメだって気になってしまいました。

More
[PR]

by e_jovanni | 2005-07-06 14:23 | ドラマ

電車男   

電車男っておもしろそうな感じだったけど本を読むのもちょっとって感じだったんだけど。
たまたま、本の紹介読んでたらまとめのサイトを覗いてみると、これが面白い!!
一気にすべてを読んでしまった。(読んだのか見たのか分からないけど)
2chもすごい!!
茶化すのが普通の2chでみんなが応援するなんて!
それに応える電車男にも脱帽です。
私には懐かしい青春です。
現実にこんな事が起きうるなんて、2chの感覚には付いて行けなかったけどコレ読んでるとウルウルとなってしまう。読む価値有りですね。
映像にしても面白そうと思ってしまった。
一見一読の価値が有ります。お勧めです。

d0040314_0385213.jpg

[PR]

by e_jovanni | 2005-06-08 00:52 | ドラマ