カテゴリ:映画( 25 )   

追悼 市川崑監督   

Excite エキサイト : 市川監督追悼で「犬神家…」初地上波

 残念です。
もう少し頑張ってほしかったのですが、92歳って亡き母と同い年だったのですか。
無理は言えませんな。


d0040314_23165558.jpg


リアルで観たのは「東京オリンピック」からですが、この時の衝撃は今でも忘れられません。映画がこれだけの感動を与えられるとは!!
単に記録映画として観に行ったのに、映画の見方が変わってしまった。
あの時の大臣の言葉を聞いて何というアホな人間が居るもんだと感心していました。

d0040314_23263163.jpg



「ピルマの竪琴」にも感動させられ、ラストは涙でした。
リメイクの時は中井喜一が出ていたから、最初の作品には彼の父親が出ていたと思っていましたが、よくよく見ると安井昌二だったんですね。
この方は結構、娯楽映画もやってますからね、一時は引きそうだったんですが映像の美しさは群を抜いているだけに離れられなかったですね。また一つの時代が終わってしまいました。
老兵は去るのみですかね。
寂しくなります。


d0040314_23311587.jpg



合掌。

More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2008-02-16 23:12 | 映画

BABEL   

Excite エキサイト : 菊地凛子 芸能マスコミがソッポ向くワケ


今何とか「バベル」を少しずつ観ている所なのですが、いやあ彼女の存在感は大したものですね。
アカデミーで話題になるまでそんなに知らなかったのですが、CMでもちょっと目立ってた位ですかね。

d0040314_2326547.jpg


そこまでマスコミが飛びつかないというのも、それもいいのではないかと思える女優です。もう世界で活躍したら良いんじゃないですかね。
日本で沢尻なんかと比べられる器じゃないと思います。
大きく羽ばたくチャンスでしょう。
まだ、途中なんですがあの大胆な演技には度肝を抜かれています。
お役所さんと堂々と渡り合ってましたね。

今後の活躍を祈ります。

More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2007-11-11 23:25 | 映画

それでもボクはやってない   

Excite エキサイト : <痴漢訴訟>不起訴の男性に民事はまた痴漢認定…東京高裁

「それでもボクはやってない」

d0040314_23561592.jpg


つい最近、この映画を観たものだから思い出してしまった。
この事件に関しては何か事情がある様だからコメントしづらいですが、誰にだってこういう事件の被告になりうるという怖さをこの映画から感じ取ってしまいました。
裁判の経緯を見ていると、これは無罪になるのかなと思ったら、最後のどんでん返し見事です。
何ですか、あの判決理由は。
あれだったら誰でも有罪になる。
理屈をこねくり回して理由を主張する。
普通の人には分かりにくい論理でしょう。

余程の証言が出て来ない限り有罪は避けられない。
裁判官のノルマ制、これも以前から言われている事ですね。
これ、裁判員制度になったら少しはマシになるのかな?
あれじゃ無罪なんて永久に望めないでしょう。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-08-29 23:43 | 映画

女性だからって何かあるのかな?   

Excite <映画>若手女性監督が邦画に“活” ヒット作相次ぎ注目

 久しぶりに映画の話。

d0040314_23291252.jpg


監督が女性かどうかは何の関係も無いと思うけど。
たまたま前から気になっていた「かもめ食堂」と「ゆれる」を観ました。
細かい話は止めておきますが
「かもめ食堂」は淡々と安心して観ていられました。
ゆったりと流れる風景、フィンランドに溶け込んでいく食堂、異国で味わう不思議な感覚ですね。


「ゆれる」
これはショッキングでしたね。ここまでの心理劇とは期待に違わずのめり込みました。
映画の後の本、これも不思議な漢字でしたが描ききれなかった各人のもっと奥の心理が描かれてまるで解説本の様な印象を受けました。
いずれにしても、女性は女性の感覚で創っていけば良いのだし増えて来たからどうこうと言う物でもないと思いますがね。

More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2007-06-09 23:25 | 映画

「フラガール」で良かった   

Excite 「フラガール」受賞にホッ…アカデミー賞の権威保った

しかし、日本のアカデミー賞ってそんなに権威があったのかな?
キムタクなんかには断られて良かったんじゃないですかね。
彼は役者としてはちょっと?なので賞は貰わない方が良かったと思う。
この映画は、独立系でしたか。
そういう意味では珍しい受賞になりましたね。
視聴率もそんなものでしょう。
映画が好きな人しか見る事はないだろうし多分つまらないだろうからその程度なんでしょう。
実はまだ観てないので大きな事は言えませんがDVDが出たら直ぐに観たいと思っています。
ちょっと忙しくなりそうですな。

More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2007-02-19 23:36 | 映画

さすがシラク?   

Excite <硫黄島からの手紙>仏大統領絶賛 イーストウッド氏に勲章

フランス、ひいては自分を誉めるために絶賛ですか。
さすがフランスの大統領ですな。

まあ、それは別にして是非とも観てみたい映画ですね。
栗林中将に関しては、諸説あるようですがどうもあまり戦争を好まない方ではなかったのかなと思えてならない。
何か人情味の溢れた方ではなかったのか。
などと思ってしまう。
その辺がどこまで描かれているかですね。
少なくとも一度は観ないと話になりませんがね。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-02-18 23:21 | 映画

やった!! 謙さんおめでとう!!   

Excite 渡辺謙「周囲に感謝」/日本アカデミー賞

いくら世界の謙さんになっても、この受賞は本当にうれしいのではないか。
急性骨髄性白血病の時はこりゃダメだと思ったのですが、それがここまで活躍できる様になった。
こりゃ、健さんの後を継げるかな?
健さんね、この前「単騎千里を走る」を観たが、もう何か皺だらけで動きもゆっくりだしあまりにも歳を重ね過ぎていってしまってる。
「駅」とか「居酒屋兆治」の時の健さんはどこへ行ったのか。
しかし、これで後は彼にまかせとけば良いんじゃないですかね。

d0040314_22333671.jpg 「明日の記憶」もまた別に取り上げたいとは思っていますが、身につまされてしまって最後の辺りは観てられなかった。若年性アルツハイマー病になったら本当に絶望的ですね。
よくまあ生きる希望を見いだされたなあと思います。最後は連れ合いの顔、名前さえ消えてしまうのであるが、この哀しさは耐えられない気持ちに襲われる。
まあ、俳優としてはこういう役は絶対にやりたいでしょうね。
これだけ仕事に恵まれているというのは羨ましい限りです。
今年は、観たい映画が目白押しです。
こんな気持ちも久しぶりですね。日本映画が盛り上がるわけです。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-02-17 22:35 | 映画

おめでとう!!   

Excite 主演女優賞・蒼井優は涙ポロリ

予想通りなんですが、まあ当然の結果でしょうね。
実のところ、まだ見てないのですがその前の「情熱大陸」などで「フラガール」の様子を見てましたので当然の結果になるだろうと思っていました。

「ハチミツとクローバー」は今手元にありますので、もうまもなく見れると思います。
以前から注目していた人なので、これを追い風に更に飛躍してもらいたいと思います。
おめでとう!!

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2007-02-14 22:17 | 映画

おめでとう!!   

Excite 女優蒼井、沢尻と5年ぶり再会/映画大賞

おめでとうございます!!
「フラガール」まだ観てないけど、是非観たいと思っています。
コトーでも存在感があったし当然の結果だと思います。

だけど映画大賞って初めて聞いたけど何なんですかね。
日本アカデミーはよくテレビでも観ましたけどこれは知らないですね。
沢尻エリカってよく話題になってますが、「パッチギ!」に出てた子ですか。
この映画も書こうとは思ってたんですが、現在のイメージとは随分違いますね。
何か苛められそうな噂がよく出て来ますね。

More(記事内容)
[PR]

by e_jovanni | 2006-12-29 22:02 | 映画

「うなぎ」を思い出した。   

Excite 「妻の不倫」割り出し実話 「ガチで泣ける」悲劇的結末

この記事を読んで今村昌平監督の「うなぎ」を思い出してしまった。

d0040314_22495252.jpg


現実にこういう話があるんですね。
あまりにも悲劇的な話だけに何とも言えません。
ちょっとドラマにはしづらい様に思えます。

この映画も最初の出だしにはビックリしましたが、その後は淡々と物語が進んで行きます。
監督らしい映画で好きな映画の一つです。
うなぎが一つのキーになっていますが、こういう実話から一つの物語が出来て行くんでしょう。


「うなぎ」のあらすじ。
人との交流を避け、小さな理髪店を営みながら暮す寡黙な男・山下拓郎。差出人不明の手紙で妻の不貞を知り妻を刺殺。代償として8年間服役し、現在は仮出所の身。しかし極度の人間不信は癒されず、心の内を話せるのは水槽で飼う「うなぎ」ただ一匹。そんな自戒の日々の中、睡眠薬を大量に飲んだ状態の女・服部佳子を救う。それが縁で佳子は拓郎の理髪店で働くことになる。彼女と一緒に時を過ごすことにより忘れ去った人間の温かさに触れ、次第に隣人たちにも心を開いてゆく拓郎。手を伸ばせば掴めそうな幸せが目の前にある。................


More(記事抜粋)
[PR]

by e_jovanni | 2006-12-27 22:59 | 映画