黙祷。   

<四川大地震>中国大使館で黙とう


このニュースの度に95年の阪神大震災を思い出してしまう。
私も黙祷したいと思います。

黙祷。

自然災害には抗しがたいし、勝てない。
涙なしでは見ていられないニュースです。
色々と言われているようですが、はっきりいって阪神の時より対応が早いですし海外からも受け入れている。
日本の政府よりよっぽど早かったし、よくやってると思います。







 四川大地震の発生から1週間となる19日、中国大使館(東京都港区)では発生時刻の午後3時28分(現地時間午後2時28分)に合わせ、孔鉉佑(こうげんゆう)公使の合図で大使館職員や在日中国人ら約300人が3分間の黙とうをした。

 大使館内には祭壇と記帳台が設けられ、午前中から在日中国人らが次々に訪れた。6歳の娘と訪れた静岡県富士宮市の画家、王伝峰さん(40)は「一日も早く祖国が元の姿に戻ってほしいと思い、やってきた」と話し、50万円を寄付した。
◇大阪の総領事館でも

 大阪市西区の中国駐大阪総領事館でも慰霊の式があった。地震発生時刻に職員と集まった在日中国人ら約70人が犠牲者の冥福を祈り、献花台の前で3分間の黙とうをささげた。21日まで献花台を設置し、献花や記帳を受け付ける。

 約30年前に日本国籍を取得した大阪市淀川区の針療院長、古賀英子さん(56)は「すぐに中国に行けないから、せめて黙とうしたいと思って来た。被災した子供たちの身体的、精神的な後遺症が心配」と話した。
[PR]

by e_jovanni | 2008-05-19 22:35 | 人間として

<< その場に居たら? 姫路菓子博風景2 >>