どうして公表しなかったのか?   

Excite <中国製ギョーザ>苦情11月から コープネットで5件

 問題が出だしてから随分時間が経過してから公表されたが、なぜ公表されなかったのか。
何か意図的な事があったのではないかと疑ってしまう。
商品の流通過程が直ぐに分からなかったというのも、天下のJT傘下の企業がおかしいのではと思える。それぐらい直ぐに追求出来る様にしておくのが食品会社として当然の事だと思えるのだが。
タバコで儲かるから良いやという程度がJTなんでしょうかね。
まあ、その程度の認識なんでしょうね。
まあ、原因は流通過程を全て精査して行かないと分からないでしょう。







 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、千葉市稲毛区の女性(36)が食べて発症した「CO・OP手作り餃子」について、販売した生協で作る「コープネット事業連合」(1都7県、さいたま市南区)に昨年11月から今年1月の間、異物混入など中身に関する苦情が他に5件あったことが分かった。うち2件は健康被害と薬品臭をそれぞれ訴えていたが、有効な対策はとられていなかった。

 コープネットによると、健康被害の苦情は昨年11月13日にあり、「食べたら胃が痛くなり、血圧が上がった」(千葉県、07年8月19日製造)という内容だった。今年1月10日には「防腐剤のようなにおいがしたので捨てた」(茨城県、07年8月20日製造)との苦情があった。

 健康被害の件はコープネットが残った品を回収し、食中毒検査をしたが細菌類は検出されず、通報者も病院へ行っていないため「問題なし」と結論付けた。毒物の検査はしていなかった。また異臭の件は製品が捨てられたため調査せず、同ロットの製品の検査もしていなかった。

[PR]

by e_jovanni | 2008-02-03 21:08 | いっちょかみ

<< 追悼 市川崑監督 不思議な朝の光景!! >>