もっと広めないと!!   

Excite エキサイト : 入れ歯には貴金属がいっぱい リサイクルで「2500円」になる

 少し前にバラエティ番組で紹介していましたが、NPOがやっていたんですね。
ホントにそんな金額になるんですかね。
ホントだったらもっと全国の自治体に広報すべきでしょうし、歯科医は積極的に協力してもいいんじゃないですかね。
入れ歯がリサイクルというかボランティア活動になるとは驚きです。








環境に役立つリサイクルが叫ばれるなか、使用済みの入れ歯をリサイクルしようとするNPO法人が登場した。入れ歯に含まれる貴金属が換金可能なのがその理由で、入れ歯1つあたり2500円分の価値があるという。この団体は収入を日本ユニセフ協会などに寄付し、総額はすでに1300万円に達している。

金、パラジウム、銀など貴金属が多く含まれている

このNPOは「日本入れ歯リサイクル協会」(埼玉県)。歯科技工所の役員や歯科医師などが集まって06年12月に設立。通常は、使われなくなった入れ歯はゴミとして捨てられるか、「死蔵」されるかだったが、これをリサイクルしようという試みだ。

実は入れ歯には貴金属が多く含まれており、これを換金して途上国の援助に生かしたい、というのだ。具体的には、部分入れ歯の場合、合金が約5グラム使われ、金、パラジウム、銀などで構成されている。これらを換金した際、おおざっぱに平均して1個あたり2500円の価値があるのだという。入れ歯1個を貴金属精製会社に持ち込んで換金しようとしても、精製・分析費用の方が高く付いてしまうが、まとまった数を一度に精製することでコストを抑え、収益を出している。

地方自治体に「回収ボックス」の設置を始める

協会では、当初は、汚れを落として熱湯消毒された入れ歯を郵送で受け付けていたが、07年6月からは回収率を上げるために地方自治体に「回収ボックス」の設置を始め、今では33自治体の施設に設置されているという。その他にも、16ヶ所の歯科医院でも回収ボックスが設置されている。

同協会では「金属の重さでカウントするので、回収した入れ歯の個数はわからない」としながらも、これまでに、日本ユニセフ協会に約1300万円、地方自治体に約86万円の寄付を実現している。

[PR]

by e_jovanni | 2008-01-27 22:59 | いっちょかみ

<< 不思議な朝の光景!! もう13年ですか.... >>