もう13年ですか....   

Excite エキサイト : <阪神大震災>13年の朝迎える 神戸では慰霊の「つどい」

 何年経とうがあの震災は忘れられない。
今年は行けなかったが遠くからでも哀悼の意を表します。
震災を知らない子供たちが増えて来たが、この経験を次の世代に伝えていかなければと思います。

d0040314_22394628.jpg


昨年のルミナリエの風景です。








 6434人が犠牲になった阪神大震災は17日、発生から13年の朝を迎えた。多くの人生を一瞬で変えた午前5時46分。被災地は鎮魂の祈りに包まれ、失われた命と、過ぎ去った13年間に思いをはせた。この1年、能登半島地震(昨年3月)、新潟県中越沖地震(同7月)と大地震が相次いだ。住まいを失った多くの人たちの声が、被災者生活再建支援法の改正を後押しし、阪神大震災以来の悲願だった住宅再建への公的支援を実現させた。いつ、どこで起きてもおかしくない自然災害にどう備えるか。起こってしまった災害からどう復興するか。阪神の経験と教訓を継承し続ける意義は、ますます高まっている。

 神戸市中央区の東遊園地では早朝から「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれ、約4500人(午前7時現在)が訪れた。

 グラウンドに並べられた約7000本の竹灯篭(とうろう)に、震災モニュメント「1・17希望の灯(あか)り」から炎が移され、暗闇に「1・17」の文字が浮かび上がった。参加者は地震発生時刻に合わせて黙とうをささげた。

 その後、犠牲者の名前を刻んだ「慰霊と復興のモニュメント」前で、遺族代表らが「追悼のことば」を読み上げた。父政治さん(当時44歳)を亡くした神戸市立神港高3年の竹中基治さん(18)は、母やこれまで支えてくれた人たちに感謝し、「遺児たちを励ますことのできる人になる」と誓った。

 神戸市中央区の人と防災未来センターにある慰霊のモニュメント前でも午前11時50分から、県などで構成する「ひょうご安全の日推進県民会議」の主催で「1・17のつどい」を開催。河田恵昭・京都大巨大災害研究センター長が「1・17ひょうご安全の日宣言」を読み上げた。

 西宮市や神戸市長田区などから人と防災未来センターを目指す「1・17ひょうごメモリアルウォーク」もあり、参加者は13年前の避難時を思い出しながら歩いた。

[PR]

by e_jovanni | 2008-01-18 01:00 | 人間として

<< もっと広めないと!! さすが公務員ですな。 >>