やっとまともな方向?   

Excite エキサイト : <私鉄大手>非正規労働者の正社員化に12社が前向き


 やっとまともな方向に向かうのか。
派遣ばっかり使っているのは、その時点では経費的にも非常に有用かもしれないが、長期的に見ると後継者が育たない。職場の雰囲気もどちらかといえば悪くなる。
いずれこういう状況を変えて行かないと、いずれ業務の遂行が困難になって来るし各パーツを各派遣に任せてそれを繋いでやって行くしかなくなるのではないだろうか。
 もういい加減に方向転換して行かないといずれ日本の経済構造は砂上の楼閣になりかねないでしょう。
そういう意味ではやっとですね。







 私鉄の労組などで作る私鉄総連(約230単組加盟)の秋季闘争で、労組の産業別組織としては初めて要求した非正規労働者の正社員化について、28日までの交渉で大手14社のうち12社が前向きな回答をしていたことが分かった。全労働者の3人に1人、私鉄総連でも6人に1人は非正規労働者という状況での経営側の判断は、産業界に大きな影響を与えそうだ。

 経営側が労組の要求に応えた背景には、少子化で進む労働力不足へ対応するとの狙いがあると見られる。私鉄総連は、秋闘で3年間継続して就労した非正規労働者を正社員とすることを求める方針を掲げていた。総連などによると、06年の鉄道・バス各社の正社員は約10万人で、非正規労働者は約2万人。運転士や車掌以外で非正規労働者を採用している。

[PR]

by e_jovanni | 2007-11-29 23:15 | いっちょかみ

<< 忘れてはならない どこでもですな!! >>