ご冥福をお祈りします。   

Excite エキサイト : <雪崩>テント、行方不明の4人は死亡 北海道・十勝岳連峰


 この判断は難しい所でしょうが、毎年の様に行っているだけに注意が足りなかったんでしょうね。
情報が確認出来ませんが、その前に一度雪崩が発生していてそれが確認出来なかったという情報が有りましたが、それが本当ならば当然の話として内容を確認すべきでしょう。

不確かな為に確認出来なかったというのならば怠慢でしょう。
更なる慎重さが要求される所だったと思いますね。

嵐山でも遭難する事が有るだけに慎重過ぎても良かったのではないでしょうか。









 北海道上富良野町の十勝岳連峰・上ホロカメットク山(1920メートル)の安政火口付近で、日本山岳会北海道支部のパーティー11人が雪崩に巻き込まれた事故で、道警などは24日朝、心肺停止状態でテントに残されていた札幌市厚別区厚別北1の4、団体職員、鈴木和夫さん(63)▽同区上野幌2の1、無職、鶴岡節子さん(56)▽同市中央区円山西町7、元会社員、吉沢宣哉さん(60)――を収容した。行方不明だった芽室町西4の5、無職、助田陽一さん(68)も現場で見つかり、いずれも上富良野町立病院に搬送されたが、4人とも死亡が確認された。

 捜索は道警山岳遭難救助隊や陸上自衛隊、山岳会道支部のメンバーら115人態勢で、午前6時半、登山口前の前線基地、温泉旅館「凌雲閣(りょううんかく)」を出発。約1時間後、約2キロ離れた現場に到着し、テントに収容されていた鈴木さん、鶴岡さん、吉沢さんを収容した。行方不明だった助田さんは同9時ごろ、テント近くで雪に埋まっているのが見つかった。

 雪崩は23日午後0時5分ごろに発生。道警が24日朝、調べたところ、雪崩の規模は幅10メートル、奥行き50メートル、深さ2メートルだった。

 一方、日本山岳会道支部の長谷川雄助支部長(71)は24日、来年3月まで同支部の登山計画をすべて中止することを明らかにした。4人が搬送された上富良野町立病院前で取材に応じた長谷川支部長は「避けられる事故だったのか、避けられない事故だったのかを調査したい」と話した。

[PR]

by e_jovanni | 2007-11-24 22:40 | いっちょかみ

<< 深刻な問題に発展?? 波紋が..... >>