ショック!!   

Excite エキサイト : <訃報>木原光知子さん死去 プール指導中に倒れる


 これはショックです。
ホント、年上のアイドルだったに、もう早過ぎるよ。
アスリート系は体力に自信が有るんでしょうね、歳も考えずに無理をする。
何かすごく手の届かない人だったけど、これでよけいに手が届かない所へ行ってしまった。

d0040314_2353023.jpg


親友が亡くなって以来のショックですね。
合掌。






 1964年東京五輪の競泳に16歳で出場し、“ミミ”の愛称で親しまれた日本水泳連盟(日水連)理事の木原光知子(きはら・みちこ、本名・美知子=みちこ)さんが、くも膜下出血のため18日未明に亡くなった。59歳だった。近親者のみで密葬を行い、後日に葬儀を行う予定。関係者によると、13日に神奈川県平塚市内のプールで指導中に倒れ、救急車で同市内の病院に搬送、入院していたという。

 岡山県出身。私立山陽女子高(岡山市)1年で出場した東京五輪で、競泳女子四百メートルメドレーリレーでアンカーを務め4位入賞。65年の夏季岐阜国体の百メートル自由形で1分2秒8の日本新記録をマークし、その後も自由形の日本記録を何度も更新した。日大に進学後、在学中の67年に現役を引退した。

 水着モデルやタレント、スイミングアドバイザーなど幅広く活躍し、名前も「美知子」から「光知子」に変えて活動していた。83年にはK&Mインターナショナル(東京都渋谷区)を設立して「ミミスイミングクラブ」を全国9カ所(現在)に展開、子どもからお年寄りまで、広い世代の水泳指導に当たった。05年に日水連の特命事項担当理事に就任し、現在は理事(常務理事待遇)を務めていた。

[PR]

by e_jovanni | 2007-10-18 23:38 | いっちょかみ

<< いいなあ!! 大阪では無理でしょう! >>