PTAと話し合わないと。   

Excite エキサイト : あいさつせずに「うん」だけ 「『うん子』かと怒鳴りたい」


 PTAがよく黙ってましたね。
最近だったら怒鳴り込んでいくのが多いって聞いてたからちょっと不思議ですね。
PTAの代表を通してというのは、最近のPTAにしてはすごくおとなしいですね。
「学校だより」に書いて問題提起したのなら、PTAも含めて教員も一緒になって解決策を講じるのが校長の役目なのでは。

ちょっと過激すぎる言葉だし、そんな事言って私たちが小学生の時そんなに良い返事をしてましたか?
誰でも経験有るでしょうけど、大体が照れ隠しもあって『うん』しか言わなかったと思いますがね。「はい」なんて言葉はよっぽど上品な子しか普通言わないでしょう。
この校長さんも昔そんな言葉を言ってましたかね。
そういう事は、成長するにつれて少しずつ理解して恥ずかしくなるものなんだと思います。








小学校で配布された「学校だより」に掲載された校長先生のコラムが波紋を呼んでいる。あいさつをきちんとせずに「うん」としか言わない子どもが多い現状に対して「おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなる」などとつづったものだが、保護者などから「言葉遣いが不適切」「気分が悪い」などと苦情が寄せられたというのだ。その一方で、教育委員会や学校側に寄せられた意見は、校長に同情的なものもあるようなのだ。
「どついたろか!という気持ちになってしまいます」
発端となったのは、横浜市立西寺尾小学校(同市神奈川区、児童数407人)で2007年9月28日に配布された「学校だより10月号」。毎月各家庭に1枚ずつ配布されるもので、毎号校長が文章を書いている。10月号は約320枚が配布された。同号に掲載されたのは、「うん子」というタイトルの、あいさつの重要性を訴える文章で、「元気な『はい』という返事はとても気持ちのいいものです」との書き出しで始まる。その一方で、現状では必ずしも「はい」という明朗な返事が多くはないことを指摘。さらに、
「『分かったのかな』と聞くと『うん』。もう腹が立ってきて『うん、じゃなくてはいでしょ』と言うと、やっぱり『うん』。おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなるわたしのこの気持ち分かってもらえますでしょうか」
と、「うん子」という独特な表現で、自身のいらだちを表現している。また、文章中には、
「(用事を頼む時に)『ええ!わたし?』とか、『どうして?おれ!』とか言われると、何だこいつは!どついたろか!という気持ちになってしまいます」
と、「どつく」と、少々穏やかではない表現も含まれている。
同校の吉田秀一校長によると、発行直後から10月初旬にかけて、保護者からPTA会長経由で「言葉が不適切」「不快だ」といった苦情が学校に寄せられたという。

[PR]

by e_jovanni | 2007-10-11 23:09 | いっちょかみ

<< 赤福....あんたもか? あーあ、今年もですか?! >>