お疲れ様でした。   

Excite エキサイト : ありがとう古田敦也…燕の背番号「27」が現役生活に終止符


 遅ればせながら書かせてもらいます。
この人の一番の功績は1リーグ化の阻止でしょう。
残念ながらアホな連中のおかげで、バッファローズは消えてしまったけどとりあえずは2リーグは残った。
野球ファンとしては全員、彼の功績を讃えるべきでしょう。

いずれまた戻ってくるでしょうが、やはり選手兼任では彼の力は発揮出来ないでしょうし歳には勝てないしね。
いずれは去る時が来ます。
ノムさんの様に何時までもプロ野球界で頑張って下さい。
お疲れ様でした。








 最後の最後までファンのそばにいたい。ロッカールームに引き揚げる途中、右翼フェンスによじ上った古田兼任監督に、3万3027人からの「古田コール」が滝のように注がれた。
 「あっという間でした。今の気持ちは感謝でいっぱいです。支えてくれてありがとう」。笑顔を見せようとしたが、熱いものをこらえきれない。瞳にはうっすらと涙が浮かんだ…。
 4月19日以来、今季3度目の先発で5番。4打席の結果は右飛、遊飛、中飛、遊ゴロ。快音は響かなかったが「いい思い出になりました」とラストゲームを満喫し、ホームベース上で5度、宙を舞った。
 「メガネの捕手は大成しない」と指名されなかった立命館大時代のドラフトから始まった「負けず嫌い」(本人談)の野球人生。ヤクルト入団後は野村監督(現楽天)からマンツーマンで指導を受け、あっという間に球界随一の捕手になった。「ID(データ重視)野球」を打撃にも取り入れ91年には首位打者。05年には大学生・社会人経験者初となる通算2000安打も達成した。

[PR]

by e_jovanni | 2007-10-08 23:47 | パリーグ

<< あーあ、今年もですか?! やっぱりですか。 >>