もう一つ分からない?   

Excite エキサイト : タッキー&翼、24時間テレビがスタート

 このイベントを見てていつも思うのだけど、これだけの制作費を掛けるのだったら最初からその分を寄付したらどうなんでしょう。

出演者もボランティアとして出演するとともにその分のギャラを寄付すれば相当な金額が集まると思いますがね。(自分の出演相当分を拠出して寄付)
スポンサーも広告無しでその分を寄付する。
テレビ局も経費分を寄付する。
社員もその間の給与を寄付する。
24時間やらなくても、これで十分だと思いますがね。
それらの経過とレポートは必要でしょうけど、後の使い道ももう一つあやふやな気がしてなりません。
一般からの寄付は時間をかけてキャンペーンすればいいと思います。










 人気ユニットのタッキー&翼(滝沢秀明=25、今井翼=25)がメーンパーソナリティーを務める日本テレビ系「24時間テレビ30 愛は地球を救う」が18日夜、スタートした。30回を迎えた記念番組は2人の新曲「SAMURAI」の熱唱で番組を開幕。15年前からの同番組の代表曲「サライ」の制作者、加山雄三、谷村新司の新チャリティーソング「勇気のカタチ~私を変えてくれたあなたへ~」は、加山、谷村、黒木瞳、新庄剛志ら出演者と合唱した。
 今井は「日本中が1つになれる大切な日。出演ではなく参加する気持ちで挑む」と話す。滝沢は番組内スペシャルドラマ「君がくれた夏~がんばれば、幸せになれるよ~」で、小児がんを患った男児の父親役で主演も果たし「病気のことや家族の大切さなど、温かいメッセージを胸に素直に演じた」。9月にユニット結成5年を迎える。今年のテーマ「人生が変わる瞬間(とき)」を、実感しながら19日午後8時54分のゴールへ向けて、走りだした。

[PR]

by e_jovanni | 2007-08-20 00:18 | いっちょかみ

<< 頼む人がいるんだ。 そう、誰もいなくなるのを待っている。 >>