運転士は入れてもらえないのか?   

Excite エキサイト : <福知山線事故>ブレーキ遅れ「気が緩む」 JR西が説明会

相も変わらずJR西も責任を認めない。
いい加減に過ちを認めてはどうなんですかね。
それに運転士、車掌も被害者として入れてあげたらと思うのですが。
事故調の方がよっぽど人間らしいけどね。

「日勤教育」そんな物で教育になるわけないでしょう。
この辺りは国鉄からJRに変わった頃から引き継いでいるのかな。






 ◇被害者に怒りとため息

 「おわび申し上げる」「厳粛に受け止める」。4日、開かれた福知山線脱線事故の負傷者向け説明会。JR西日本は日勤教育などについて非を認め、幹部は謝罪を繰り返した。しかし被害者が知りたいと願ってきた事故の「本当の理由」は、なかなか浮かび上がらない。「先に発表した事故調の報告書をなぞっただけではないのか」「本気で調査したのか」。被害者の何度目かの怒りとため息が会場を覆った。

 JR西は事故後の05年11月、「福知山線列車事故対策審議室」を設置して、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会とは別に、原因や背景の調査を始めた。これまで、被害者側は何度も調査結果を明らかにするよう求めてきたが、JR西は「事故調の調査の支障になる」として拒否。事故調の最終報告書が6月に公表されたことを受け、ようやく説明会にこぎつけた。

 事故調の意見聴取会で「日勤教育は有用」と発言して遺族らの強い反発を招いた丸尾和明副社長が謝罪するなど、この日はJR西の「腰の低さ」が際立った。

 事故調が指摘した日勤教育、余裕のないダイヤの問題などを認め、企業体質についても自己批判。元「天下り」幹部3人も出席して被害者らの感情を害した点を謝罪し、「変革」の決意をアピールした。

[PR]

by e_jovanni | 2007-08-04 23:42 | いっちょかみ

<< 過去の判例に囚われるのも?! 上から下まで同じですな。 >>