ホントに多い。   

Excite エキサイト : <憂楽帳>遅れの理由

最近、JRの遅れがやたらと多い。
理由はほとんどが人身事故。
日常的に人身事故による遅れが発生している。
ほとんどが自殺でしょうからいかに多いかというのが実感としてある。
これ言うのは可哀想だが、もう少し他の人の迷惑を考えて欲しいものです。
これだけの格差社会、将来に展望が持てない社会だけに更に増えて行くんですかね。









 交通機関の遅れにはいろいろな理由がある。天候、故障、スト、事故……。よくある理由はその土地によって違う。ニューヨーク市の地下鉄の場合は、乗客の体調悪化。救急隊が来るまで車掌が付き添うので、列車が遅れる。なぜ車内で気分が悪くなるのかというと、一番多い原因は、ダイエットによる食事抜きだそうだ。
 イギリスでは、交通機関の遅れがあまりにも日常化していて、遅れた理由さえ知らされないこともある。パイロットが遅刻したとか、運転手の欠勤で人繰りがつかないといった理由でも、みんなさほど驚かない。
 先日、乗っていた新幹線が2時間以上遅れた。先の駅で起きた飛び込み自殺が理由だった。アナウンスがあったが、車内で動揺が起きることはなかった。山手線の「人身事故」では、粛々と事故処理が進み、あっという間に復旧したのが、かえって不気味だった。
 昨年の自殺者は3万2155人。1日あたり88人でバグダッドの民間人犠牲者より多い。驚かなくなってしまったことが怖い。

[PR]

by e_jovanni | 2007-07-26 23:20 | いっちょかみ

<< これがミスだったら何でもミス?? ここだけは減らしましょう。 >>