これがエコバック?   

Excite エキサイト : ベネトンやエルメスまで登場した セレブご愛用「エコバック」人気沸騰


  2100円のエコバックが3万どころか6万?????
いくらブランド品だからってそりゃないでしょ。
15万もするエコバックを誰が使うんですか。
そんな商売、いい加減にしないと自分で自分の首を絞めるよ。
用途に合った商品を用途に合った適正な価格で売るのが小売りの使命でしょうが。
需要が供給を大幅に上まらない様に調整していかないと、いずれはソッポを向かれる時が来るのではないかと危惧する。







有名ブランド製の「エコバック」の人気が急騰している。なかでも、「I m Not A Plastic Bag」(わたしはポリ袋ではない)と使い捨てのレジ袋の削減を訴えたアニヤ・ハインドマーチ製は超人気で、このエコバッグを求めて客が全国の百貨店に殺到し、警察が出動する騒ぎにもなった。このほか、ベネトンやエルメスなど高級ブランドも「エコバック」に続々参入している。
2007年7月14日、東京・銀座にある「アニヤ・ハインドマーチ」の直営店では、開店時間の午前11時前に4000~5000人の購入希望者が殺到、警察が出動する騒ぎになった。8月2日付の女性セブンは「マドンナご愛用2000円バッグ行列記」と伝えている。7月18日には全国の12カ所の百貨店でアニヤ製のエコバッグを求めて、若者や中高年らが徹夜で列をなした。

2100円のバッグに6万2000円の値段が付く

「I m Not A Plastic Bag」は7月19日午前10時、アニヤ・ハインドマーチジャパンのHPからインターネットでも販売された。アニヤ社の親会社であるレナウンの広報担当者は、「発売開始から15分後にはサーバーに過度な負荷がかかってきて20分にはアクセスを拒否。その後もシステムが復旧できず、完売の告知ができたのが54分後でした」と説明。約20分で完売したとみている。
伊勢丹新宿店や玉川高島屋など全国12カ所の百貨店での販売もすでに完売。数量限定なので、国内ではネットオークションなどにかからない限り手に入らない。そのオークションサイトでは、19日のヤフーオークションで2100円のバッグに6万2000円の値段が付いて落札された。海外のネットオークションでは、定価の10倍以上の値が付いたとの報道もある。

[PR]

by e_jovanni | 2007-07-20 23:01 | いっちょかみ

<< もうすぐですか。 天寿を全うされましたか。 >>