どうでもいいけど...   

Excite エキサイト : 赤城謎の顔面ガーゼ 夫婦ゲンカかストレスか

別にどっちでも良かったんだけど、ニュースを見てて腹抱えて笑ってしまったので一言。

一番面白いのが、奥さんにはたかれたという説。
次はストレスという説。

もし、はたかれたのならば奥さんは庶民的な感覚を持っている常識的な人として好感度アップ間違い無し。
次のストレスだったら、この人も危ないよ。
自殺だけはするな。

いい加減に説明しないと噂が飛び交って余計に収拾がつかなくなると思いますがね。







事務所費問題の計上をめぐり沈黙を続けている赤城徳彦農水相(48)だが、今度は突然「顔面ガーゼ&無精ひげ」という異例の出で立ちで記者会見に登場し、閣僚や国民を驚かせている。
理由を問われても「大したことじゃない」という答えが返ってくるばかりで、事務所費同様に説明を拒み続け、憶測が拡大している。日本だけでなく海外メディアまで巻き込んでの「推測合戦」といった様相だ。

アトピーか「ウイルス性の帯状疱疹」?

きっかけは、2007年7月17日午前9時半過ぎに、赤城農水相が閣議を終えて記者団の前に現れた時、「頬と額にガーゼを張り、無精ひげ」という姿だったことに始まる。記者団からの問いかけにも「大丈夫」と答えるのみ。10時過ぎの記者会見でも、記者団から

「顔の傷はどうしたのか」
「暴漢に襲われたのか」
「公務かプライベートか」
「現役大臣なので答えるべきなのでは」
といった質問が矢継ぎ早に浴びせられたが、農水相は

「大したことじゃない」
を7回も繰り返し、説明はされることはなかった。会見後に事務方を通じて

「公務によるものではない。肌が弱いこともあり、かぶれたのかもしれない」
とのコメントを発表したが、一体、大臣の身に何が起こったかは不明なままだ。そもそも、「公務かプライベートか」という質問については、会見後でなくても、会見中に即答できたはずだ。このような不自然さが、様々な憶測を呼んでいるのだ。

[PR]

by e_jovanni | 2007-07-18 23:33 | いっちょかみ

<< 天寿を全うされましたか。 もう要らない。 >>