それは公務員の一般常識でしょう。   

Excite <年金問題>社会保険庁長官、業務庁舎視察ゼロ 現場知らず

そんなの公務員の一般常識でしょう。
今更、指摘して認識不足でしょう。
長官は天下り前の腰掛けでしかないし、そんな業務内容まで知りたくないでしょう。
ちゃんとやってますか、はいやってます。
問題有りませんで終りでしょう。
グリーンピアを理想と考えてとにかく施設、箱物を作って名前を残す事くらいしか考えてなかったんでしょう。
具体的にどうこう説明されても門外漢には??でしょう。
自分たちの年金とはとにかく制度が違うだけに何も感じないのでしょう。
年金の一元化を早急にしないと何も感じませんね。
共済を厚生年金並みに落とさないと危機感を持たないと思います。






 自民党の年金問題緊急調査対応委員会は15日、社会保険庁の社会保険業務センター高井戸、三鷹両庁舎(いずれも東京都)への視察結果をまとめた報告書を作成した。基礎年金番号導入直後の97年2月〜03年9月の6年半、歴代社保庁長官が、一度も両庁舎を視察していないことが判明、給付漏れについて「幹部が現場をきちんと掌握していないことに、問題が引き起こされた要因が大いにある」などと結論づけた。
 歴代長官らの責任を検証する、総務省の年金記録問題検証委員会の議論にも影響を与えそうだ。
 三鷹庁舎は、厚生年金約1億6000万件分、国民年金約1億4000万件分のデータなどを管理。高井戸庁舎には、年金給付システムが配備され、年金受給者3000万人の年金額を決定している。ともに公的年金の心臓部だ。報告書は▽コスト意識の欠落▽業務効率も極めて悪い——などとも指摘し、「今回の問題は起こるべくして起きた」としている。

[PR]

by e_jovanni | 2007-06-17 23:28 | いっちょかみ

<< 建設業者がこういう事を知らなかった? 未だにWinnyですか? >>