大当たりでーーす。   

Excite<国民年金名簿>191市町村で破棄 社保庁集計

今年の初めに来ていた社会保険庁の年金加入記録の照会を、気にはなりながら放置していたのだがやっと今日詳細に確認していたら、有りました!!
めでたく五千万分の一に当選です。
来た時にはざっと見て気になっていた基金の期間が入っていたから、別に大丈夫だろうと放置していたのだが今日は詳細に残している記録と年金手帳(二冊)を確認してみたら。

はい、有りました。国民年金の期間が抜けていますね。
たった四ヶ月の事だからもう忘却のかなたです。
名寄せされてませんね。
以前の基礎年金番号のお知らせを見たら、しっかり抜けていましたね。
五千万分の一に大当たりです。
今年は宝くじに当たりだしたし、これは期待できるかな?

こりゃやっぱり、転職転居を繰り返した人や主婦で年金を納めていた人は確認した方が良いでしょうね。
さあ、私も文句を言いに行きましょう。






 社会保険庁は12日、市町村の国民年金被保険者名簿の保管状況について、5月11日現在、1636市町村が保管している一方、191市町村は既に破棄をしていたとの集計結果を公表した。同名簿は、5000万件の宙に浮く納付記録の情報が正しいか否かを点検するための原簿の一つだが、191市町村では元資料との照合ができないことになる。1636市町村も、合併前の全市町村のデータすべて保存しているかは不明という。
 国民年金は02年4月から社保庁が保険料を集めているが、それ以前は市町村が担当し、社保庁は市町村から被保険者名簿に基づく「収納報告」を受けて記録をコンピューターに入力していた。
 社保庁は02年4月、保険料収納事務の移管に伴い、市町村に被保険者名簿の保存、管理義務をなくす通知をしたものの、年金記録問題の発覚を受け、昨年8月に一転、各社会保険事務局に対し、管内の市町村に同名簿の破棄をしないよう働きかけることを命じる文書を出していた。

[PR]

by e_jovanni | 2007-06-13 23:40 | いっちょかみ

<< ついにですね。 これは体質でしょう。 >>