チラシ代も我々の年金ですか?   

Excite 村瀬長官が謝罪のチラシ配布 東京駅近くの街頭で

年金の話ばっかり続きますが、こうなってしまった理由がもう一つ理解出来ないですね。
手書きから電算化の時代の渦中にちょうど居ましたが、こんないい加減な業務が行われたという事が信じられない。
政府関連には関わった事はないですが、市役所の税金関係のデータには一からシステム化を請け負っていましたが役所の担当者も、そんないい加減なチェックの仕方はしてなかったですね。
まあ、間違えたら直ぐに反響が有る徴税だったからでしょうが、そういう意気込みは彼らには無かったんでしょうね。年金の資金が潤沢にある時代でしたから、いかにそれを使うかばかり考えていたんですかね。自分たちの年金は共済で別管理でしょうから他人のデータはどうでも良いわけですな。
 まあ、それでもこういう業務はどこかのメーカーが請け負っていたでしょうから、その辺りの事情を是非聞いてみたいものです。それとも暴かれるとマズいのかな。
意外と談合がらみだったりして。
どうせあの当時あの業界にも天下りしてたんでしょうな。
この辺りを暴露すればまた面白いと思うのですがね。






 年金記録不備問題で社会保険庁の村瀬清司長官や幹部職員ら14人が8日朝、JR東京駅の丸の内北口近くで「心よりおわび申し上げます」などと書いたチラシを出勤途中の通行人らに配った。村瀬長官らは歩道に並び「よろしくお願いします」と呼び掛けながら、約40分間、約1400枚を配布。チラシには問い合わせ先の電話番号なども記載している。

[PR]

by e_jovanni | 2007-06-08 23:21 | いっちょかみ

<< 女性だからって何かあるのかな? カネ渡しとかなきゃ!! >>