彼の名前をお忘れなく!!   

Excite <天皇、皇后両陛下>リトアニア着 杉原千畝氏の記念碑訪問

以前に彼のドラマを観た感想をupしていたが、もう外務省は彼の功績を認めているんですかね。
日本よりもかの国リトアニアの方が有名であり、永遠に残る名前です。

d0040314_23554814.jpg


彼の名前は、杉原千畝。
第二次世界大戦中の外交官。
ナチスの迫害から逃れてきた6千人にも及ぶユダヤ人の命を
独自の判断でビザを発給し、救出した偉大な人物。
昭和15(1940)年7月27日早朝、カウナスの日本総領事館の前に異様な光景が広がっていた。領事館の窓から外を見ると、2百人とも3百人ともいう人の群れが押し寄せていた。異変に気づいた千畝は使いの者に様子を探らせ、彼らがポーランドからナチスによる迫害から逃れてきたユダヤ人達であることがわかった。千畝は彼らの中から代表者5人を呼んで詳しく話を聞くことにした。彼らの要求はよその国へ逃れるために、日本通過のビザを発給して欲しいというものであった。当時ポーランドの周辺はほぼドイツに包囲され、彼らが生き延びるためには、リトアニアから、ロシア・シベリアを通り、日本に渡って、上海やアメリカなどへ逃げるしかなかった。日本政府が「日本通過ビザ」を発給すれば、彼らの命は助かるのである。千畝は事の重大さに気づき、早速本省へ彼らにビザを発給してもよいか、との電報を打った。文面はおおよそ次のようなものだった。

1・人道上どうしても拒否できない。
2・パスポート以外でも、形式に拘泥せず、領事が最適と認めたものでよい
3・通過ビザの性質を失わないため、ソ連横断日数20日、日本滞在日数30日を申請する。

しかし、本省は拒否してきた。千畝はあきらめずにもう一度電報を打ったのだが、二度目も拒否してきたのである。もし、これに背けば、身に危険が襲ってくる。

千畝は、信念を曲げる事が嫌いであった。悩んだ揚げ句、独自の判断でビザを発給する事に決めたのである。7月31日、再びユダヤ人の代表5人を呼び、ビザを発給する旨を伝えた。但し、行き先国の入国許可を取得したものに限るという制限付きであったのだが、その日以来、日夜ユダヤ人達にビザを書き続けた。8月3日にリトアニアがソ連に併合されたため、領事館を撤退しなければならなかったのだが、とても片付く気配はなく8月28日に撤退するまでおよそ4千5百枚、人数にして6千人ものユダヤ人に、ビザを書き与えたのである。次の任地、ベルリンへ出発する直前の汽車の中でも書き続けたといわれている。





天皇、皇后両陛下は26日午前(日本時間同日夕)、ラトビアから政府専用機でリトアニアのビリニュス空港に到着した。同日夕(日本時間同日深夜)にはアダムクス大統領の案内で、第二次大戦中、ナチス・ドイツの迫害から逃れた多くのユダヤ人難民にビザを発給し、命を救った日本の元リトアニア領事代理、故杉原千畝氏の記念碑を訪れた。
 杉原氏の記念碑の前で、両陛下は大統領の説明に耳を傾け、碑に埋め込まれたビザのプレートや日本語で書かれた説明文を熱心に見入っていた。
 これに先立ち開かれた昼食会では、大統領があいさつの中で杉原氏の話題に触れ、「人道的な功績を残したことで、常にリトアニア国民の尊敬を集めています」と語った。

[PR]

by e_jovanni | 2007-05-26 23:50 | 人間として

<< これが常識なんでしょう。 無理せんとボチボチでっせ。 >>