良かったですね。   

Excite <コウノトリ>放鳥ペアにひな誕生 自然界で43年ぶり

コウノトリの故郷に朗報ですね。
人間が潰してしまった自然との共生を復活させたという意味でも大きいですね。
これは県立コウノトリの郷公園のスタッフだけではなくて、円山川流域住民の理解、協力推進が有ったからこそこぎ着けられた事です。
まあ、これが第一歩でしょう。
こういう自然との共生が全国各地、更には世界中に広がれば人類の将来は輝くでしょう。
そうなる事を祈っています。






 国の特別天然記念物・コウノトリの野生復帰に取り組む兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は20日、同市百合地(ゆるじ)の人工巣塔(高さ12・5メートル)で、昨秋に放鳥した7歳雄と9歳雌のペアが温めていた卵3個のうち、1個のふ化を確認した。国内の自然界でのひな誕生は、福井県小浜市で1964年に確認されて以来、43年ぶり。同園は「自然との共生の第一歩」と位置づけており、順調に育てば、ひなは7月下旬にも巣立ちを迎える。
 同園によると、ペアは2月27日から交尾を始めた。先月14日に抱卵姿勢を取り始めたことから、産卵と判断。今月19日夕から、親鳥が巣を頻繁につくろい、20日朝には餌を吐き戻す様子を見せた。同日午前7時半、高さ23メートルの高所作業車に乗り込んだ同園職員がビデオカメラで撮影し、淡いクリーム色で体長約10センチのひな1羽を確認した。17日に報道陣が卵3個を撮影。残りの卵もふ化する可能性があり、同園は引き続き観察を続ける。
 野生復帰を目指し、同園は05年9月以降、計14羽を放鳥。昨年4月には、今回とは別のペアの産卵が確認されたが、ふ化には至らなかった。

[PR]

by e_jovanni | 2007-05-20 23:21 | いっちょかみ

<< 泣きなさい、笑いなさい 当然でしょう。 >>