高野連を解体せよ!!   

Excite <特待制度>実施申告校は334校に 高野連が発表

 以前から言っている様に高野連は一旦解散、解体してはどうか。
この老害はどうしようもないでしょう。
特待制度なんて常識だと思っていました。
今更、何を言ってるのか。
やっぱりお年寄りたちは世間の声が聞こえない。
昔から思っていましたが、特権階級でもあり天下り先の老人ホームの様な団体ですね。
一度、解体して総入れ替えしたらどうですかね。
お年寄りに意見しても無駄です。
もう引退していただくしかない。
もう後進に道を譲られて、惜しまれながら去って行かれた方が良いと思います。
その方が球児たちも助かるでしょう。






 日本高校野球連盟は2日、日本学生野球憲章違反となる野球を理由とした特待制度の実施校の申告を締め切った。最終日に届け出が殺到し、同日午後6時現在で新たに261校が申告。軟式を含む延べ約4800校の加盟校のうち、実施校の合計は334校となった。4都府県高野連からまだ申告があるといい、残り分は3日に発表される。また、判明しているだけで7457人の選手が該当した。
 学費免除などの特典を与えられていた選手は5月中の試合出場を学校長の指導で差し止められる。このため、春季大会などを辞退する学校が相次いでおり、この日までに47校が辞退を申し出た。
 特待制度を実施している学校は、5月中に選手の保護者と制度の解約手続きを進め、解約同意書の写しを所属の都道府県高野連に提出する。野球部長は引責辞任となる。特待制度を解約した選手は6月から試合に出場できるが、3日以降に虚偽申告や特待制度が発覚した学校には、対外試合禁止などの厳しい処分が科される見通し。
 2日、大阪市内で開かれた常任理事会では、野球を理由としているかどうか微妙な6校の協議などが行われ、4校が違反と判断された。
 記者会見した日本高野連の脇村春夫会長は「非常に数が多く、驚いている。学生憲章が理解されておらず、指導が至らなかった点で我々も反省しなければならない。学生憲章を見直すつもりはないが、(特待制度について)今後はきっちりと基準を作っていきたい」と語った。

[PR]

by e_jovanni | 2007-05-02 23:06 | いっちょかみ

<< ご苦労様でした。 小さな声で言いましょう!! >>