小さな声で言いましょう!!   

Excite <大きな声では言えないが…>何がゴールデンだ! 牧太郎

ホント大きな声では言えませんが、せめて大型連休くらいにしてほしい。
休める人は良いですね、貧乏暇なしとはよく言ったものですね。
そんなにもう連休を作らないで欲しいと、つい望んでしまいます。
振替休日が出来た頃から何となくイヤな感じでした。
祭日を増やし過ぎですね。
以前の様に、日付を固定してないから最近は感覚がおかしくなってます。
(成人式や体育の日)






 ゴールデンウイークの谷間のような5月1日の火曜日。「夕刊は売れないだろうな」と考えながら書き始めた。1日、2日に休みが取れれば9連休。仕事を休む人も多いだろう。なんとなく、書くのにチカラが入らないとぼやいたら、後輩記者に怒られた。
 「働いている人はたくさんいますよ。休めない人が『何がゴールデンウイークだ!』と抗議したのでNHKは“大型連休”という言葉を使っている」。僕はてっきり字数が多くてタイトルがはみ出すからだと思っていた。
 「そうだよな。今どきの日本にゴールデンなんてどこを探してもないじゃないか?」と僕がつぶやくと、意外にも後輩は「その通りです。僕なんかゴールデンウイークを利用して年金を調べているんですから」。彼は団塊の世代である。
 社会保険庁が01年からの6年間で、年金額を間違えたケースが22万件もあった。油断できない。公務員→会社員→自営業と転職を重ねた場合、ミスが発生しやすいようだが「僕のように、九州本社から北海道に行ったり、転勤が多いと危ないらしいですよ」と彼。
 計算ミスは訂正させれば良いが、給付額が低くなっていたらどうするのか。年金、医療、介護に支払われる社会保障給付金は85兆円。すでに一般会計予算を上回っている。65歳の年金支給開始を67歳に遅らせる案まで浮上している。どこがゴールデンだ!
 親しい脳卒中患者の靴職人は、国民年金の加入期間が25年に満たず無年金者になってしまった。そんな人が80万人?

[PR]

by e_jovanni | 2007-05-01 23:51 | いっちょかみ

<< 高野連を解体せよ!! もっと動かないと!! >>