サウナからネットカフェ?   

Excite <ネットカフェ>生活の拠点にする若者、全国に拡大

昔は、サウナがそれに近い状態だったけどねぐらとまでは行かなかったな。
これだけ価格が低かったらこうなるのも当然でしょうね。
ちょっとホームレス予備軍の様な感じで、ちょっとしたきっかけであっちに行くんじゃないかな。
最近のホームレスに結構若い人がいるんだけど、働いたらまともに食えると思うんだけどやっぱり自由が良いのかな?
住めば都でしょうから、どんな状態でも生きて行ける。
しかし、この状態が続くと根無し草として社会に順応出来なくなるんじゃないですかね。
まあ、寅さんに憧れているんだったらそれも悪くないかな。
そういう意図もなくそういう生活を続けるんだったら、まあ遅かれ早かれホームレスになるんでしょうね。


<追記>
論理的に無理な部分があれば訂正します。
別に、彼らに偏見を持っているわけじゃなく、若いんだったら仕事を選別しなければ、そういう生活から抜け出せると思うのですが。
そういう生活に慣れきってしまっているのか、それとも寅さんを目指しているとしか思えない。
望んでそういう生活をしているのなら誰もどうこう言えないでしょう。





 ネットカフェで寝起きする若者は全国に——。個人加盟の労働組合、首都圏青年ユニオン(伊藤和巳委員長)などが10都府県のネットカフェで実態調査したところ、すべての都府県で、ネットカフェを生活の拠点にする若者がいることが分かった。これまで都市部の一部と思われていたが、全国に拡大する様相となっている。厚生労働省は実態調査を行う方針を決めているが、新たな貧困問題として深刻化していることを裏付けている。
 東京・蒲田の24歳男性は、専門学校を出てテレビ局で働いた。時給にすれば400円程度の長時間労働に耐えきれず退職。アパートの更新料が払えず、2年間ネットカフェで暮らす。月20万円の収入はあるが、不安定でアパートを借りられない。店には同じような“住人”が30人はいるという。

[PR]

by e_jovanni | 2007-04-27 23:30 | いっちょかみ

<< 地域SNS? えええ!! オーチスもですか? >>