郷に入れば郷に従え!!   

Excite 沖縄「移住」ブーム 「楽園」の落とし穴

どんな所に移っても一緒だと思うが、「郷に入れば郷に従え」が鉄則じゃないですかね。
何も沖縄に限らず、その土地の風習に従っていくのが人間社会の基本でしょう。

それが嫌なら誰も居ない無人島に住むか山の奥深くに住むかしかないでしょう。
社会と隔絶した状態ならば何も気にせず生きていけると思うが、何を考えてそんな勝手な事を考えたりするのか不思議でしょうがない。
沖縄という土地に何らかの幻想を抱いているのでしょうか。
それともその土地には地元民が居ないとでも思っているのでしょうか。
マスコミの宣伝以前の問題だと思うのだが、それともそんなに洗脳されてしまうのか。
県民性なども。今時ちょっと調べたら直ぐに分かりそうなものですがね。







沖縄「移住」がブームだ。「のんびりと」「気ままに」暮らして、豊かな自然と風土に「癒されたい」と、「楽園」を求めて毎年、多くの人が永住を望んで沖縄に移住している。だが、実際には2〜3年もすると大部分の人は去ってしまっているようだ。何が移住者を「失楽園」にさせるのだろうか。

移住者は年間2万にも上る
沖縄県統計課によると、2006年度の県外からの転入者と転出者はほぼ同数で約3万人だった。移住者の正確な数字は定義自体が難しいこともあって不明だが、一部マスコミが報じる「沖縄移住者は年間約2万人」という数字は、県関係者によると「さまざまな要因から類推すれば、あながちでたらめではない」。住民の転入出が激しくなったのは00年頃からで、「移住」ブームはその頃から始まっていると見られる。
「沖縄に癒しを求めて、観光で訪れるのはいいのですが、住むとなると違います。移住にはそれなりの覚悟が必要です」
そうJ-CASTニュースに話してくれた厚生労働省沖縄労働局の職員は、沖縄に移住して働いて生活しようとするなら、知っておくべき基本的なこととして、次のような実情を挙げた。
沖縄では通勤手当やさまざまな手当てが無い就職先も珍しくない。そもそも一部専門職を除けば就職すること自体が難しい。その上、総務省の統計(最新データは02年度)でも明らかなように、沖縄県の1人当たりの県民所得は全国最低で、東京都と比べて約半分しかない。

[PR]

by e_jovanni | 2007-03-04 22:04 | いっちょかみ

<< 最初から詐欺? どういうつもりなのかな? >>