当然の判決でしょう。   

Excite <あいりん大量住民登録>大阪高裁、市の削除処分認めず

そう、何でもかんでも一律的に削除するのはおかしいでしょう。
実態を把握して線引きすべきであって何もせずに消してしまうのは、人を人と見ていない行政なんでしょう。
ホームレスに対する対応と同じで厄介な連中は追い出せという事なんでしょう。
もう少し人間を人間として扱える行政マンは居ないのか?
大阪市には人材が居ないんですかね。
所詮はプチ官僚の類いなんですかね。






 大阪市西成区のあいりん地区にある日雇い労働者支援組織の施設に大量に住民登録されている問題で、大阪高裁は1日、このうちの男性(34)が同市を相手取り申請していた住民票削除処分差し止めを命じる仮処分決定をした。市は2日夜、約2600人の住民登録を一斉に削除する予定だったが、横田勝年裁判長は決定で「(削除に関し)全員を一律に判断すべきでない」と批判。他に同様の訴えが相次ぐ可能性もあり、市は男性だけでなく、全員の削除を当面見送る公算が大きい。
 男性は支援施設の一つ「釜ケ崎解放会館」に住民票を置く日雇いの建設労働者。「削除されると投票権がなくなるなど生活に重大な支障が生じる」などとして今年2月、削除処分差し止め訴訟を提起すると同時に仮処分を申請した。仮処分に対しては大阪地裁が同20日、「住民登録に実態がないのは明らか」として却下したため男性が抗告していた。決定は、大阪地裁で係争中の本訴訟の判決が確定するまで削除を差し止めるよう西成区長に命じた。
 決定によると、男性は1年のうち6、7カ月は会館近くの簡易宿泊所で寝泊りし、残りの期間は各地の建設現場宿舎に出張。その生活実態から「住所は主に利用している簡易宿泊所に置くべき」と認定した。しかし、市と簡易宿泊所組合との間で住民登録のルール作りを行っている最中であることから、市が削除した場合、円滑に住民票を異動できる保証がないとし、「ルール確立前の削除は信義則に反し許されない」と判断した。
 審理を通じ市は「実態と異なる住所を容認すれば統一地方選などの選挙が無効とされる可能性が高い」と強調してきた。しかし決定は「男性に限れば住所が(解放会館と同じ)西成区内にあるのは明らかで、投票しても選挙が無効になる可能性はない」と指摘。さらに、市の一斉削除方針について「中には実際に居住している者がいるかもしれず、解放会館を住所とする約3000人の者を一律に判断すべきでない」と批判した。
 決定を受け男性は「画期的な判断。市は削除を中止してほしい」と話した。一方、関淳一・大阪市長は「決定内容をまだ見ていない。内容を精査して検討したい」とコメント。市は「男性については削除を見送り、他の人たちに関しては2日中に判断したい」とした。

[PR]

by e_jovanni | 2007-03-02 21:22 | いっちょかみ

<< どういうつもりなのかな? えっ、まだ居たんですか? >>