おめでとう!!   

Excite <宮崎知事選>そのまんま東氏が当確

以前の記事で「否定的な意見が多いけど。」半分期待して勝つ事を望んだけど、ここ迄すんなりと行くとは思ってもいなかったですね。
地道に選挙運動したというのが大きかったですね。中盤の状況説明で既に勝ちそうな雰囲気だったので期待していたのですが良かったですね。
おめでとうございます。

今迄のやり方を踏襲して行ったら、そこらの官僚と同じになるからそこだけは気をつけてやって下さい。ただ議会とは難しいでしょうね。
やっぱりある程度のブレーンを集めて、広く意見を聞いて行かないと摩擦が大き過ぎて何も進まなくなるかも知れませんね。ある程度の強引さも必要ですがね。
この前、辞められた三重県の元知事北川氏あたりに一度お話を聞かれたらどうですかね。
参考になると思いますよ。






 宮崎県の官製談合事件で逮捕された前知事の安藤忠恕(ただひろ)被告(65)の辞職に伴う出直し知事選は21日投開票され、元タレントのそのまんま東氏(49)=本名・東国原(ひがしこくばる)英夫=が当選を確実にした。高い知名度を生かし、事件で生じた行政・政治不信を背景に、前林野庁長官の川村秀三郎氏(57)や元経産省課長の持永哲志氏(46)ら4氏を振り切った。県民は行政・政治経験のない東氏に県政刷新を託し、官民癒着や「しがらみ」からの決別を強く求めた。
 事件では競売入札妨害罪で起訴された安藤前知事を含め、県幹部7人が逮捕された。新人5人が立候補した知事選では入札制度の改善や県政刷新のあり方が争点となった。
 同県都城市出身の東氏は「しがらみのない政治ができるのは自分だけ」と主張し、同級生らが草の根運動を展開。「宮崎のセールスマンとなって全国に売り込む」と訴えた。一方で、出馬表明時に芸能界からの引退を宣言。選挙中はタレント仲間の応援は求めず、観光振興や防災対策などを訴え、支持を集めた。

[PR]

by e_jovanni | 2007-01-22 01:00 | いっちょかみ

<< 何かおかしい? 納豆は悪くないけど?! >>