ガス屋さんてこの程度?   

Excite <北海道ガス漏れ>業務上過失致死容疑を視野に捜査

ガス屋さんて、この程度のレペルだったんですかね。
これじゃ、安心して使えないんですが。
プロとしての意識が無い会社なんですかね。
安全性に対してもっと敏感な人たちばかりと思っていたのですが認識を変えざるを得ないのかな。
全国のガス会社の緊急点検を行うべきだと思いますが。
官僚は動かないか?






 北見市で3人が死亡、11人が一酸化炭素(CO)中毒症状で手当てを受けたガス漏れ事故で、北海道警北見方面本部と北見署は20日午前、同市春光町の事故発生現場の実況見分を始めた。北ガスの対応について、業務上過失致死容疑の立件を視野に捜査する。春光町の現場から約4キロ離れた同市幸町でも18日にガス漏れ通報がありながら北海道ガス(北ガス)が20日まで住民に告知していなかったことが新たに分かり、北ガスの甘い判断が問われそうだ。
 北ガスによると、18日に住民から「ガス警報器が鳴った」と通報があり、調べたが、ガス漏れ個所を特定した20日未明まで付近住民への告知や警察・消防に連絡していなかったという。
 実況見分では捜査員約60人がガス管の折損状況や破損個所から周辺住宅にガスが流れたルートなどを中心に調べている。死亡者のうち2人がトイレで見つかったことなどから、ガスが下水管を伝わって周辺住宅に流れ込んだ可能性もあるとみている。
 北見署などの実況検分で死亡したピアノ講師、後藤京子さん(47)方の台所下収納庫の地中30センチから致死量に当たる3000ppmの一酸化炭素(CO)が検出された。収納庫の底面や地面からも38〜93ppmのCOが出た。3人の遺体を司法解剖し、詳細な死因などを調べる。
 北ガス北見支店によると、「地中でガス管から漏れたガスが継ぎ目から下水管に入り込み、住宅に入った可能性がある」という。折損個所が見つかった鋳鉄製のガス管(直径15センチ)は、死傷者が出た住宅前の歩道の地下に下水管と平行して埋設されていた。下水管とガス管は十数メートルの距離だった。
 北見市の都市ガスはブタンやプロパンを原料とした「4B」と呼ばれるタイプで、一酸化炭素(CO)を約5%含む。拡散する性質があり、アスファルトや雪で覆われた地中で漏れると、地中で濃度が高まり下水管内へと移動することが考えられるという。
 同市内の都市ガスは市街地を中心に約2万世帯に普及。各戸につながるガス管の「低圧導管」の総延長は35万2876メートル。鋳鉄管など腐食を防ぐ加工がされていない管は全体の28.7%ある。

[PR]

by e_jovanni | 2007-01-20 23:11 | いっちょかみ

<< 納豆は悪くないけど?! 原点。 >>