そういえば一度危なかった。   

「海外旅行は2時間前に空港へ」はどうして? | Excite エキサイト

 ちょっともう古い話題ながら、私も一度危ない事があった。
関空発ですが、当日は強風が吹き荒れ家を出るときから既に電車は遅れ気味であった。
当時、まだ携帯もない時代で連絡橋も強風の為電車はストップ。

代替バスに乗ったが、その時既に集合時間を過ぎていた。
半分焦りながら、まあ大丈夫でしょと思いながら到着。
担当者は焦って電話しまくったみたいでほっとした思いだったようで申し訳なく思いながら出発を待っていた。
まあ、気楽に時間も大して気にせず出たものだからちょっとエライ目に遭ってしまった。
しかし、それも後から考えると一つの思い出になってるのかな。

まあ、そういう点でも二時間位の余裕は必要じゃないですかね。
海外へ行く時くらい、そんなに焦りたくないですからね。






年末年始に海外に行く人が、今シーズンは増加傾向らしい。
ところで、海外旅行に行くとき、「搭乗時間の2時間前までに空港のカウンターにお越しください」と言われることが多いけど、あの「2時間」はどういう目安なのか。
てんで海外素人なので、航空券とホテルのパックを頼むせいなのかもしれないが、2時間前に到着してしまうと、出発までの長いことといったら。
X線チェック、出入国審査など、やるべきことは当然たくさんあるけど、それにしても、ずいぶん長い気がする。成田空港に問い合わせると、
「航空会社さんによって、カウンターがあく時間は異なりますので、航空会社さんに尋ねられたほうがいいかと」
ということだった。
そこで、ANAに聞いてみると、
「最終は1時間前までとしておりますが、X線とかが混雑することも考えて、できれば2時間前を目安としてるんですよ。1時間前ですと、実際、ギリギリのこともありますので」
ということだった。
また、JALに同様の質問をしてみると、
「JALでは、ウェブのチェックインは出発の3日前から1時間前で、通常のチェックインは、出発時間の60分前ですよ」
短い! ちなみに、「2時間前」に関しては、
「旅行会社さんでは、団体チケットを渡す手間などをみて、2時間前と指定しているところが多いのではないでしょうか」
という。
自分たちの仕事でいうと、本来の締め切りより、だいぶ前にサバ読みして、編集担当者が締め切りを伝えることがあるけど、そんなもん?
国内線の場合は、15分前まででOKというから、これはかなり掛け値ナシの時間なのだろう。
ところで、チェックインだけでなく、飛行機に乗ってから離陸まで、着陸&飛行機を降りるまでも、すご~く長い気がする。
先日、台湾に行ったときなどは、飛行機の移動時間は短かったのに、上空で長時間ぐるぐるまわっていた。そのとき、思ったのは、「飛行機はまだまだ全力出してない。やれば、もっとできる子だ」ということだ。
安全確保などを考えると、ゆとりを持たせてスケジュールを組む必要は当然あるだろうが、それでもまだまだゆとり、あるんじゃないか。
「成田空港は便が多いので、離着陸が混雑するということもあると思います。また、国際線の場合、予定よりかなり早くついてしまう場合もあるんですよ」
それはなんで? と聞くと、こんな説明があった。
「たとえば、日本からニューヨークに行く場合は、上空のジェット気流などの関係で、すごく早く着くんです。でも、ニューヨークから日本は長くかかって、行きと帰りで2時間ぐらい違うんですよ」
さらに、季節や天候の影響もあるが、冬は特にその影響が大きくなるため、時間のズレがかなり出て、上空待機となるのだとか。
「予定よりも早く着いちゃうことはかなりありますが、もともと空港内で優先順位があるので、早く着いたからといって早く降りることはできないんですよね」
きちんと秩序があってこその安全。早いもん勝ちというわけにはいかないのですね……。

[PR]

by e_jovanni | 2007-01-03 23:00 | いっちょかみ

<< 町起こしの一つでしょう。 今日の風景。 >>