しかし恵まれている   

Excite 心病む教員、4千人超す 10年で3倍に急増

 教員同士の人間関係で悩む人が多いです。
まあ、それでも他の職業に比べたら恵まれていると思いますがね。
普通の企業だったらそんなに長くは面倒見切れないと思いますが、教員はそれこそいつまでも面倒見てくれる。身分の保障も有るんだけど、逆に甘えてだらだらと続いていたりする。

最近の親は、何でも直ぐに文句を担任に言って来るそうで、それが意外と公務員だったりする。
あきれた事に同じ教員だったりする事もあるそうです。
そらまストレスはたまる一方でしょうが、どんな職業にもそんな事はあり得る事でしょうが、教員の場合は人間関係が相当なウェイトを占めているんでしょうね。
真剣になる人ほどそういう傾向に陥るそうですね。

それでも、教員同士の人間関係でと言うのはもう一つ分かりにくいのですが、イヤな教員とも一緒に働くと言っても主な仕事は生徒に教える事なんですから、そんな事は放っとけば良いと思うのですがどうなんでしよう。







 2005年度にうつ病などの精神性疾患で休職した公立小中高の教職員の数は前年度比619人増え、過去最多の4178人に上ったことが15日、文部科学省の調査で分かった。
 10年間で約3倍に急増しており、文科省は「多忙や保護者、同僚との人間関係など、職場の環境が年々厳しくなっていることが背景と考えられる」としている。
 同省は今後、悩みを相談しやすい学校環境づくりや、専門医らによるカウンセリング態勢の強化などの対策を促す方針。

[PR]

by e_jovanni | 2006-12-17 01:00 | 人間として

<< 次は東京ですかね。 散々な評判ですな。 >>