さあ次はどこ?   

Excite <宮崎談合>前知事、11件全部に「天の声」出していた

知事というのは正に裸の王様ですな。
県職員からの知事というのは、組織をよく知ってるから当然最初からフルに権力が行使できます。
地方自治体の中でも県が飛び抜けて権力を持っていますね。
これだけの権力を持つと自分は何でも出来る王様だと錯覚するんでしょうね。
よほど自分を律する人でないと清廉潔白には勤まりませんな。

さあ、これで次はどこへ飛び火するのかな?
適当に摘発したら、そろそろ中央へ向かって欲しいなあ。
もっと大きな物が有りますよ。






 宮崎県の官製談合事件で、東京都のヤマト設計が県土木部から05年度以降に受注した全11件の設計業務を競売入札妨害容疑で逮捕された前知事、安藤忠恕(ただひろ)容疑者(65)主導の談合によって受注した疑いが強いことが県警の調べで分かった。県警は安藤容疑者が11件全部に総括的に「天の声」を出していたとみて、調べている。
 調べなどによると、11件のうち、前出納長、江藤隆容疑者(63)が「天の声」伝達役だった05年度は9件。受注額は計約5800万円。安藤容疑者が環境森林部長、税所篤三郎(さいしょあつさぶろう)容疑者(58)らに指示するようになった06年度は2件で計約1590万円だった。県警は、江藤容疑者が年度初期に安藤容疑者から受注枠など総括的な指示を受けたと供述していることなどから、05年7月以降にヤマト設計が受注した土木部の設計業務全11件が、安藤容疑者主導の談合により落札したケースとみている。
 また、安藤容疑者が逮捕後の調べに対し、05年6月ごろ、知事公舎でヤマト設計社長、二本木由文容疑者(56)と会い、県業務の受注要求を受けたことを認めていることも新たに分かった。この時は要求は断ったといい、談合の容疑は否認している。
 安藤容疑者は03年7月の知事選の際、政治指南役だった元国会議員秘書、石川鎮雄容疑者(68)の紹介で二本木容疑者と知り合った。そのころから、二本木容疑者は県業務の受注依頼をしており、05年6月ごろ、知事公舎を訪ね、会社の業績不振を訴えるなどして事業の受注を求めた。
 二本木容疑者側からは年間1億円分の事業受注の要求もあったが、安藤容疑者が江藤容疑者に談合を持ちかけた際には、8000万円の枠が提示された。設計業者別の前年度受注額などから決められたとされる。

[PR]

by e_jovanni | 2006-12-11 01:00 | いっちょかみ

<< 信じられない!! さすが考えてますね。 >>