懐かしいなあ!!   

日本最古の柱時計8

こういう古い時計って手入れさえすれば動きますからね。
昔、古道具屋で買った振り子時計を磨いて油を指して使っていた事がありましたが、ネジを巻くのが週に一回ですか、それが邪魔臭くて今はどこかにしまい込んだままですね。
 昔の家(明治の頃)にもそんな古い時計があった様に思いますが、さあどこへ行ったのやら。

今日は、その話だけじゃなくて龍神温泉の事を。
懐かしいですね、バブル華やかなりし頃に何回かタクシーで泊まりに行った事があります。

d0040314_2353351.jpg


そう、この「上御殿」でしたね。昔のまま古い古い建物の旅館でしたが、風情は有りすぎる位じゅうぶん有ります。
そうですね、こんな露天風呂が有りました。温泉は共同浴場..外湯の方がいいですね。川のせせらぎの音を聞きながら温泉につかる。
やっぱりここは秘湯じゃないですかね。有名ですがさすがに不便な所ですからそんなに行ける所でもないし高野山経由のドライブが一番快適でしたが。
その頃は一軒だけスナックが有りましたが、平日なので温泉自体お客さんが少ないですから開店休業状態、だから余計に静かで川のせせらぎの音だけです。
ホント言うとこういう所で彼女と二人しっぽりとぬれてみたいのですがそういうカイショも無いし静かに酒飲んでせせらぎの音に何もかも忘れてという風情です。


いや未だ龍神村の様で良かったです。合併してたらがっくりでしたが。
温泉もいいお湯で肌がすべすべになりました。お薦めの温泉ですね。
こういう所で何日も湯治するのが最高なんですが、今はそんな余裕もない。

d0040314_0141189.jpg









群馬の川中温泉、島根の湯の川温泉とともに、「日本三美人の湯」とされる、和歌山県田辺市、龍神村の龍神温泉。『大菩薩峠』の舞台にもなっている温泉だ。

ここはかつて、紀州徳川家の別荘温泉地として使用されていた。
そのなかでも、最も由緒あるのが、紀州藩初代藩主、徳川頼宣が別荘としていた旅館、「上御殿」。江戸初期から、ずっとつづく由緒ある旅館で、国の登録有形文化財にも指定されている。
旅館の中で一番格式の高い部屋が、「御成の間」と呼ばれる部屋。位の高い人しか使用できなかったことから、隣続きになっている他の部屋や通路などより、「一段高い」場所にある。

周りを山に囲まれ、静か。そんな歴史を感じさせる旅館の静かな空間に、「ボーン、ボーン」と響く、鐘の音。時を知らせる柱時計の鐘の音である。
上御殿の玄関にあるこの柱時計、金色が鈍い光を放っていて、ずいぶん年代物であることに間違いない。と思ったら、年代物どころかこれ、「日本で一番古い柱時計」なのだというではないか。

上御殿の女将さんにたずねてみたところ、正確な年代までは分からないそうだが、この柱時計は、なんでも明治時代の初期に日本に最初に輸入された時計のうちのひとつなのだそうだ。
「そのとき輸入された時計はいくつかあったみたいですが、現在もちゃんと動いているのは、ここにしかないようです」
とのこと。
明治、大正、昭和、そして平成。時代をこえてずっと時を刻んでいる柱時計。「100年休まずにチックタック、チックタック」、まさに『大きな古時計』の世界だ。しかも「いまはもう動かない」じゃなく、ちゃんと動いているわけだし。すごいな。

徳川家の使った旅館で、「美人の湯」につかる。そして最古の時計の音。「仕事とか締め切りとか、この時計に比べたら、そんな小さいこと、どうだっていいじゃないですか」と、なんともゆるゆると、おおらかな気持ちになれます。
おかげで、肌ピッカピカ。オレが「美人」になったのかどうかはしらないが。

[PR]

by e_jovanni | 2006-11-21 01:00 | いっちょかみ

<< 投資に名を変えてるだけ?! 何なんですか? >>