常識的な判断でしょう   

Excite 日テレ船越アナ、セクハラ異動

ごまかしてしまうのかと思っていたら、一応常識的な判断で左遷とも何とでもとれる対応になりました。読売系にしては珍しいなあ。
さすがにこれは誤魔化しきれないとみて、シッポ切りに走った様ですな。
もっと厳しい処分を望みたいところですが、読売系ではこんなものでしょう。

権力を持ってセクハラするのは最悪ですがね。
社内的にも昔から相当やってた様に思えますが。






系列局女子アナへのセクハラ行為で、降格および無期限謹慎処分を受けた日本テレビ船越雅史アナウンサー(44)がアナウンス部を離れることが17日、分かった。12月1日付で、コンプライアンス推進室へ異動する。同局はセクハラ騒動との因果関係は否定しているが、世間から見ると懲罰人事なのは明らか。巨人戦や箱根駅伝などスポーツ中継でおなじみだった船越アナの元気な実況がお茶の間から消える。
 船越アナは今夏、巨人戦中継のため地方遠征に出張した際、系列の女子アナウンサーにセクハラ行為を働いた。その後、系列局幹部が同局に抗議したことで事件が発覚。同局の就業規則違反に問われ、チーフ・アナウンサーから一般職への降格人事処分を受けた。
 セクハラ事件は9月21日に発覚し、同23日には出演予定だった「ズームイン!!サタデー」を休んだ。その後、テレビ出演することはなく、無期限謹慎中だった。
 船越アナは同局のスポーツ中継アナウンサーの顔で、今年3月には、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝戦の中継を担当した。大先輩の徳光和夫氏も「取材力、表現力、瞬発力と、スポーツアナに必要な要素をすべて備えた第一人者」と高評価していた逸材だった。
 関係者によると、異動先はコンプライアンス(法令順守)推進室。同局の権利関係や著作権、契約に関する問題を扱う部署で、その中のライツ審査部に配属予定だという。この異動について、同局総合広報部は「アナウンサーは公人の立場でもありますが、公示がまだ先(12月1日付)ということもありますので…」と言葉をにごした。
 同局では、過去にもアナウンサーが広報部や宣伝部に異動する人事が発令されているが、再びアナウンス部に戻るケースは最近ではない。同局広報部は「本人への処分は(降格で)もう終わっている。今回の異動は(86年入社からアナウンサー一筋で)年次的にも長いので、異動しても不思議ではない時期だ」と話している。

[PR]

by e_jovanni | 2006-11-19 01:07 | いっちょかみ

<< 何なんですか? これ当たり前田のク?ッカー >>