また一人消えて逝く。   

Excite 宇井純氏が死去 「公害原論」の行動派学者

 あの当時の宇井純氏の行動力、すごいものが有った。
公害の問題に気づかされ、学問と産業との関係、更には「大学とは」、「学問とは」を考えるきっかけになった人である。

d0040314_22182639.jpg


社会、大学への疑問が大きく目の前に立ちはだかった。
長らく助手の身分で、社会的に認められずそのままでも仕方が無いのかなと思っていたら沖縄で教授になられていたのですね、それは良かったですね。

「公害原論」、「水俣病を追って」、「大学解体論」この辺りは非常に刺激を受けましたね。
自主講座は行きたかったのですが、結局は行けずじまいです。
集会で何度かお目にかかった事はありますが、それも遠い昔ですね。

日本の公害研究では第一人者で、行動する研究者としても有名な彼の逝去を悼み合掌。
願わくば後に続く人のいる事を祈ります。







 自主講座「公害原論」で知られ、多くの公害反対運動にかかわった環境科学研究者で沖縄大名誉教授の宇井純(うい・じゅん)氏が11日午前3時34分、胸部大動脈りゅう破裂のため東京都港区の東京慈恵医大病院で死去した。74歳。栃木県出身。葬儀・告別式は16日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。喪主は妻紀子(のりこ)さん。
 東大卒業後、化学会社に勤めた後に大学に戻り、1965(昭和40)年から工学部助手。水俣病の調査研究に携わる一方、世界保健機関(WHO)の研究員として欧州の公害を調査した。
 その経験を踏まえ、70年から東大の教室を一般に開放して自主講座「公害原論」を開講。行政や企業ではなく、住民の側に立った科学を提唱、85年までの15年間で2万人が聴講したとされる。

[PR]

by e_jovanni | 2006-11-12 01:00 | 人間として

<< 「喜びも悲しみも幾歳月」 「宇宙人」逝去。 >>