まだ続いてましたか   

Excite “ど根性野菜”が勢ぞろい 兵庫・相生で全国写真展

まだこの話題が続いていますかね。

d0040314_23461330.jpg


村おこしとしてもすごく有用だと思うが、世間的にはもうほとんど忘れられているでしょう。
小さな話題がここまで発展したという事でも大したものだと思います。
こりゃ、頑張って「大ちゃん」の子供たちを特産品にしないとダメですね。

IHIが撤退してからほとんど元気のない街だけに、こんないい話題を逃しちゃダメですよ。






 大根がアスファルトを突き抜けて生えた「ど根性大根・大ちゃん」などの写真約60点を集めた「全国ど根性野菜写真展」が3日、兵庫県相生市の市民会館で始まった。
 静岡県熱海市の駐車場片隅でアスファルトのわずかなすき間から育ったトマトや、岡山県美咲町の県道の路肩に生え「辛抱大根・みさきちゃん」と名付けられた大根などの写真が登場した。
 相生市では昨年秋、歩道のアスファルトから生えた大根が見つかって「大ちゃん」と名付けられ、各地の“ど根性植物ブーム”の先駆けに。大ちゃんのイラストを描いた歩道や絵本を作るなど、ど根性大根を使った市のPRに力を入れている。将来、農協の協力を得て大ちゃんを市の特産品にする計画もあるという。

[PR]

by e_jovanni | 2006-11-05 00:07 | いっちょかみ

<< 泥沼ですかね。 一体、どこの国の話? >>