パリ・シンドロームって?!   

パリの現実に落胆、「パリ症候群」の日本人観光客

「私たちにとって、パリは夢の都なのです。フランス人はみんな美しく、上品でエレガントだと思っているのです。しかし実際にパリを訪れると全く違うことに気づくのです。フランス人の性格は日本人と全く正反対であることを……」

美化し過ぎだって。
信じられない!!
これだけ情報が溢れている時代に、自分が信じたくない情報には目も耳も閉じるのかなあ。
上品でエレガントだけで生きていける分けがない。
本来の生活に関連した事は、一体誰がすると思っているのでしょうか。
人間社会はどこへ行っても同じでしょう。
霞を食ってる仙人の社会だったら知らないけど、アイドルがトイレに行かないと思っているのと同じレベルなんでしょうね。






パリを訪れる日本人観光客のうち、年間約12名が思い描いていたパリとはかけ離れた「不親切な市民」、「汚れた道路」などを見て落胆し、心理療法が必要な状況に陥るという。
ディマンシュ紙は精神科医の発表を引用、「3分の1はすぐに回復し、3分の1は病状が再発します。残りの人たちは精神性的疾患を患っているのが現状です」と報じている。
パリ日本大使館の発表によると、今年に入ってからすでに「パリに期待を裏切られた」4名が日本に送還されたという。そのうち2人の女性は、宿泊先のホテルで盗聴被害にあったと話しているそうだ。また他の2名については、一人は自分がルイ14世だと信じている男性、もう一人は電子レンジから何らかの攻撃を受けていると主張する女性であることを大使館側は明らかにしている。
精神科医のエルベ・ベナム医師は「精神的に弱い旅行者が、こういった状況に陥るのです。想像していたパリと全く違う現実を見たとき、ものすごいショックを受けてしまうのです」と説明している。
ディマンシュ紙はこういった状況を2004年に医師らが『Nervure』誌で発表した「パリ・シンドローム(パリ症候群)」だと報じている。

日本の家族にフランス移住の手助けを行っているバーナードさん一家は語る。
「日本では『お客様は神様です』みたいな考え方がありますが、パリの店のスタッフは客のことなどほとんど気に掛けません。日本人にとっては、バスなどの公共交通機関を利用しているパリ市民でさえ、とてもつめたい人に見えるのです。市内で発生しているひったくり事件なども、そういった悪いイメージを増幅する要因となっています」

[PR]

by e_jovanni | 2006-10-24 23:36 | いっちょかみ

<< 「耐震偽装隠蔽事件」の本質 秋祭り....本宮 >>