これ、時効って何かがおかしい?!   

Excite 遺体隠し弔う権利侵害 男に慰謝料支払い命令

この件、最近の事件では一番納得出来ない。
随分、関心が低いようですがマスコミの扱い方が少ないせいでしょうね。

遺体を26年間自宅に隠していたら、時効で何の罪にも問われない。
何かおかしいのではないですか。
100歩譲って刑事事件として問われなくても民事事件としてまで時効になるとは?
法的にはこうなるんですかね、時効の意味が違うと思うのだけど本来の時効とは警察からも周りの人の目からも逃れて二十何年間社会の片隅でひっそりと生きる逃亡者、しかし良心の耐えかねてという所が有るのでしょうけど、これだったら自分の内面の葛藤だけ世間からも警察からも追われず堂々と人生を生きて、いよいよという時に自首する。
ほとんど何の苦労もなく生き延びて何の罪にも問われない。

これこそおかしいのではないでしょうか。死刑論議以前の問題として時効の起源を考え直すべきではないでしょうか。
これは完全に抜け道ですね。この事件に関してはせめて民事的にでも処罰を与えられる様に考えてもらいたい。






 1978年に東京都足立区立小教諭の石川千佳子さん=当時(29)=を殺害し、遺体を自宅に約26年隠して殺人罪の公訴時効後に自首した同小元警備員の男(70)=千葉県在住=と足立区に対し、遺族3人が約1億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。
 永野厚郎裁判長は「遺体を隠し続けたことで故人を弔い、しのぶ権利を奪った。敬愛・追慕の念も侵害した」として男に慰謝料計330万円の支払いを命じた。
 しかし殺人に対する賠償は「20年の『除斥期間』(権利の存続期間)が経過し、請求権が消滅した」として認めず、足立区に対する安全配慮義務違反などへの賠償請求も同様に“時の壁”を理由に退けた。原告の石川さんの母と弟2人は控訴する方針。

[PR]

by e_jovanni | 2006-09-26 23:56 | 人間として

<< 役人上がりか。 今回は戻って来れなかった。 >>