久しぶりに画期的な判決。   

Excite <国旗国歌>学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴

 久しぶりに画期的な判決だと思うけれど地裁だからいずれまた変わるんじゃないですかね。
まあ当然の話として強制すべきでない事は確かであるだけに、都の教育委員会は非を認めて控訴を取りやめるべきだと思う。

こういう事は法律で強制する事ではなく国民一人一人が自らの意志で行う事だと思う。
それが出来る様な国を構築すべきでしょう。






 卒業式や入学式などで、日の丸に向かって起立し、君が代を斉唱するよう義務付けた東京都教委の通達は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら401人が義務がないことの確認などを求めた訴訟で、東京地裁は21日、原告全面勝訴の判決を言い渡した。難波孝一裁判長は「通達は不当な強制に当たり、憲法が認める思想・良心の自由を侵し、教育基本法にも違反する」と指摘。教職員らに従う義務がないことを確認したうえ、通達違反を理由にした処分の禁止や1人当たり3万円の賠償も都と都教委に命じた。都側は控訴する方針。

 ▽原告団、弁護団の声明 思想・良心の自由の重要性を正面からうたいあげた判決で、わが国の憲法訴訟上、画期的だ。教育への不当・不要な介入を厳に戒めており、教育基本法改悪の流れにも強く歯止めをかける内容だ。

 ▽都教委の中村正彦教育長の話 主張が認められなかったことは、大変遺憾なこと。判決内容を詳細に確認して、今後の対応を検討したい。

[PR]

by e_jovanni | 2006-09-21 23:31 | 人間として

<< 老いを考える お気楽ですね。 >>