何か遅い気がする?!   

Excite <飲酒運転防止車>自動車メーカー開発急ぐ 不可欠と判断

 既にスエーデンでは実用化されていると聞きました。
日本のメーカーがこれまで何も考えていなかったというのは不思議でしょうがない。
そんな例が既にあるのならば、ある程度のデータは直ぐに集められるのではないでしょうか。
対応が遅すぎる様な気がします。

メーカーお得意のオプションで既にあってもおかしくないと思える位です。






 日産自動車やトヨタ自動車など自動車メーカーが、飲酒運転を防止する装置を搭載した四輪車の開発を相次いで検討し始めた。これまで衝突時の衝撃緩和や衝突防止などの安全対策に力を入れてきたが、飲酒運転による死亡事故が後を絶たない中、自動車メーカーとしても飲酒対策が不可欠と判断した。

 日産は、飲酒をした人が運転席に乗り込んだ場合、呼気から一定量のアルコールが検知されると、エンジンがかからなくなるような装置の開発を検討している。トヨタも渡辺捷昭社長が「交通事故を起こさない車づくり」という目標を掲げており、飲酒運転防止車の実用化を目指して検討を始めた。

 ただコストや抑止効果、交通関係の法律との兼ね合いなど、検証が必要な課題は山積しており、両社とも実用化の時期は未定という。

[PR]

by e_jovanni | 2006-09-15 06:51 | いっちょかみ

<< 「繁昌亭」おめでとうございます。 よく話題になる話。 >>