果たして何をしてきたのか?   

Excite <米副大統領>ブッシュ政権の対テロ政策成果を強調

強調すればするほど空しく感じる。
アフガンに平和は訪れたか?
未だに戦闘は続き、憎悪、報復が止むことは無い。
更に新たな戦士を産み出している。

イラクの現状は?
内戦状態である事をアメリカ自身が認めざるを得ない状態である。
あれだけの情報組織を持ちながら、開戦の理由が全て虚偽であった事も認めざるを得なくなった。
フセインを倒したいだけであったのか。

今の閉塞状況はベトナム以上かも知れない。
アメリカがいかにして、この状況から抜け出すか。
非常に困難な状況としか言えない。
ブッシュ政権では解決出来ないのではないか。





チェイニー米副大統領は10日、米NBCテレビに出演し、対テロ戦争について「(米同時多発テロから)5年を迎えるが、米国への新たなテロ攻撃は起きていない。米政府がとてつもない仕事をこなしてきたからだ」と述べ、ブッシュ政権の対テロ政策の成果を強調した。

 副大統領は「国内の安全保障政策、テロリストの監視、テロ資金の流れの解明、拘束者追及」がテロ再発を防いでいると指摘。内外に批判がある令状なしの国内盗聴や米中央情報局(CIA)の海外秘密施設でのテロ容疑者尋問などの必要性を主張した。

 また、ブッシュ政権がイラク戦争開戦の理由とした大量破壊兵器の存在やイラクと国際テロ組織アルカイダとの協力関係が上院報告書で否定されたことについて、副大統領は当時入手していた「最善の情報」に基づく判断だったと主張した。昨年5月、イラクの反米武装勢力について「断末魔にある」と表現したことについては「武装勢力がここまで持ちこたえるとは当時は思っていなかった」と釈明した。

[PR]

by e_jovanni | 2006-09-11 12:00 | Peace

<< 悠仁さま おめでとうございます。 普通グリーンってまだ有ったの? >>