チップ埋め込みへの道?   

Excite 指静脈利用し受刑者監視 来春から、山口の刑務所で

いよいよチップ埋め込みへの一里塚なのか?
何も問題にされていないし、どうも話題にならないというのはマスコミによる世論の操作なのか。
放っとくとどんどんエスカレートしてICチップという話がこっそりと出て来るのではないのか。
刑務所でノウハウを積み重ねて、国民の知らない間に監視される近未来の社会がいよいよ展開される様でうす気味悪い。

動物ではチップ埋め込みなんて研究等の為に盛んに行われている事を考えるといかに国民に気づかれずにそういう社会にするかという事なんでしょう。






法務省は26日までに、山口県美祢市に来春開設する新型刑務所で、受刑者の指の静脈画像を採取して動向監視に利用することを決めた。個人識別用の生体情報を国が新たに管理することになり、日弁連は「国会で全く問題提起されておらず、慎重な議論が必要だ」と批判している。
 法務省によると、この刑務所は民間の資本やノウハウを活用して初めて設置される「美祢社会復帰促進センター」(仮称)。看守が原則として受刑者の移動に付き添わない代わりに、カメラやセンサーとともに、受刑者の着衣につけたICタグが発する電波を利用して動向を監視する。
 さらに入所時に受刑者の指静脈画像を採取し、データをICタグや読み取り機に登録。ICタグは簡単に外せないが、刑務作業や入浴で着替える際に服ごと交換する恐れがあるため、受刑者が居室や工場に出入りするたびに指静脈を機械で読み取りICタグと照合、本人確認する。

[PR]

by e_jovanni | 2006-08-27 01:00 | 人間として

<< ブルータス?! 尊厳死? >>