想定外だって?!   

Excite <シュレッダー>「子供を想定せず」アイリスオーヤマ社長

シュレッダーって、ここ何年かで家庭用が増えてきたのは知ってましたが一体何に使うんですかね。手でちぎったら終わりじやないのかな。
個人情報のパートをちぎってしまえば、後は問題ないと思いますがどうなんでしょう。
しかし、これだけ家庭用に出回っているのに想定外とは信じられない言葉です。
普通は想定してチェックするものなんですが、あれだけ宣伝している「アイリスオーヤマ」あのCMちょっと恥ずかしいんじやないでしょうか。







 静岡市の女児(2)が今年3月、業務用シュレッダーで両手の指9本を切断した事故で、同機を製造・販売した大手生活用品会社「アイリスオーヤマ」(仙台市)の大山健太郎社長は23日、記者会見。「2歳の子供がいる環境(での使用)を想定していなかった。業務用シュレッダーと家庭用の垣根は低くなっており、深く反省している」と陳謝した。
 事故が起きたシュレッダーは、一度に裁断できる枚数を増やすため、紙投入口の幅を同社の従来の製品の約4ミリから業界最大クラスの約8ミリとした。安全対策は、取扱説明書と紙投入口横の注意事項を記した警告シールで十分と認識していた、という。
 同社は3月13日に女児の親から連絡を受けた後も、同機の出荷を今月9日まで続けていた。約5カ月以上公表しなかった理由について大山社長は、「7月に経済産業省から、他社製品で同じような事故が起きたと知らされるまで、非常にまれなケースと考えていた。また、紙投入口の部品改良と無償交換用の在庫備蓄に時間を要した」と釈明。「メーカーとして広報に認識の甘さがあった」と述べた。

 ◇「明確な安全基準業界で作成必要」
 シュレッダーメーカーの最大手の「明光商会」(東京都千代田区、藤島暢夫社長)は、家庭用のものは投入口の幅が最小で4ミリ、カッターまでの距離は44ミリあり、子どもの指が入らない構造。機種によって幅が広がるにつれ、投入口からカッターを離したり、安全装置をつけるなどして、指が吸い込まれるのを防いでいる。また太さ4ミリなどの鉄棒を入れて、強度などもチェック。これまでに同社の製品で事故は起きていない。
 藤島社長は「業界に明確な安全基準を作るべきだ。最近は安価な中国製のものが大量に輸入されており、安全をチェックする体制も必要」と話している。
 文具・紙製品大手の「ナカバヤシ」(大阪市中央区)では、シュレッダーの製造過程で、0〜3歳の幼児の指に見立てた金属棒(直径5.6ミリ、長さ44ミリ)を紙の投入口に置き、刃に届かないかどうかをテストしている。同社製品の投入口の幅は最大4ミリで、これまでに事故の報告もないという。

[PR]

by e_jovanni | 2006-08-24 01:00 | 人間として

<< いよいよ介護?! 直島 >>