美談だけど?   

Excite 在日差別発言で顧客提訴 積水ハウス、社員を支援

単純に考えたら美談なんだけど、何らかの意図的なものを感じてしまう。
普通の企業にとっては、こういう事を声高に言うというのも非常に珍しいし黙認はしても支援までするのは信じられない。まして相手はどんなに失礼な事を言われたとしてもクライアントでしょう。
「お客様は神様です」という事を考えたら普通に言うと社員の方が責められるでしょうし、まして支援するなんて?!
私の考え方がおかしいのかも分かりませんが、そんな尊敬すべき企業が出て来た事を素直に喜ぶべきなのか。
いずれにしても今後の展開を見守りたいと思います。






 大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人の徐文平さん(45)が31日、「差別発言で傷つけられた」として、大阪府内の顧客に300万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求め大阪地裁に提訴した。
 積水ハウスは「雇用管理や社会的責任の観点から支援していく」として、訴訟費用の負担や、裁判に出席する間を勤務時間と認めるなどの措置を取る方針。原告側代理人によると、社員が受けた差別発言をめぐり企業が訴訟を支援するのは異例という。
 訴状などによると、徐さんは昨年2月、顧客の男性が所有するマンションの修理などについて説明に行った。漢字やハングルで併記された名刺を差し出すと「北朝鮮にいくら金を送っているんだ。おまえのような人間がいるから拉致問題が起こるんだ」など、仕事と関係ない発言を約2時間繰り返された。
[PR]

by e_jovanni | 2006-08-02 01:00 | 人間として

<< いい試みですね。 妥協なんて出来るのだろうか? >>