ちょっと残念だけど。   

Excite 茨城ゴールデンゴールズ解散へ…山本の暴行事件で欽ちゃん涙

こういう結末になるのは残念ですが、チームの遠征時に起きた事だしメンバーが複数絡んでいると言われているし一旦解散して再構築するしかないんじゃないですか。
欽ちゃんの性格からして止めるのは、難しいかも分かりませんね。
野球に対する純粋な気持ちからしても、気持ちが切れてしまうと元へ戻すのは難しいでしょう。

d0040314_22201412.jpg



追記
撤回になりそうでよかったというべきか、まああの人はそういうキャラなんでしょうね。





お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一(38)が、無職少女(17)に暴行したとして北海道警函館西署に任意で事情聴取を受けていた問題で、社会人野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の萩本欽一監督(65)が19日、東京・羽田空港で緊急会見。「山本だけが責められて済む問題ではない。大好きな野球だったけど、やめることにしました」と、同球団の解散を宣言した。たった1人の愚行が欽ちゃんの夢、野球界の夢を打ち砕いてしまった。また、山本はタレント活動の全面中止が決まった。
 「ユニホームが好きだった。野球が好きだった。“夢列車”なんてでかいこと言ったけど、どこにもたどりつけないで…」。会見に臨む欽ちゃんのヒザは小刻みに震え、目には涙があふれた。

 山本の事件発覚から一夜明けたこの日、欽ちゃんは球団解散という大きな決断を下した。

 山本は所属する「茨城−」の北海道遠征に同行。16日夜から17日未明にかけ、函館市内のビジネスホテルで知人が連れてきた少女と酒を飲み、部屋で暴行したとみられている。

 18日に山本の所属する吉本興業が契約解除を発表したことで、欽ちゃんも監督として事の重大さを痛感。解散を決めた理由を、「事が事だけに山本だけが責められて済む問題ではない。相手(少女)にも失礼だし、一番野球に失礼しちゃったということに責任を感じる」と、誰よりも野球を愛するが故の決断だったことを説明した。

 選手にも球団関係者にも知らせていない電撃発表だった。球団関係者によると、山本以外は婦女暴行に直接関わっていないとみられており、たった1人の軽率な行動が欽ちゃんや選手、球団に関わる全ての人間の夢を打ち砕いた格好だ。

 その山本からは17日夜に欽ちゃんのもとに電話があったという。「『山本です。すいませんでした』と言われて、『その先は言うな。内容も知りたくない』とそのまま切った」。そう語る欽ちゃんの表情からは悔しさ、やるせない気持ちがにじみ出ていた。欽ちゃんの会見とほぼ同時刻、山本は吉本興業を通じてタレント廃業を発表。報道陣から「山本に言いたいことは?」と問われると、「球団なくなったよ…。でもアイツは選手の面倒をよく見てくれていた。99%バカだと言いたい。笑いやってるんだから悲しませるなよ」と声を震わせた。

[PR]

by e_jovanni | 2006-07-22 01:00 | 人間として

<< もっとしたたかだと?! すごく人間らしい。 >>