税収は大した事ないのに...   

Excite ニートは扶養控除外 自民が検討

ニートを抱えている家庭は金持ちばっかりではないでしょう。
低所得でもないだろうし中流が多いと思う、そういう家庭にとっては大きな負担になるでしょう。
単なるニートだったらまだマシかも分からないが、引きこもり等精神的な病が有れば「障害者自立支援法」により負担が増えているのに更に増える。
どうも、なし崩し的に控除を減らそうとしているのではないだろうか。
去年まではこの控除で随分助かっていたのだが、今年からはモロに対象外で被って来ただけにそんな感じがしてならない。






 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は21日、少子化対策としての子育て支援減税の財源を確保するため、所得税の扶養控除(1人当たり38万円)に年齢制限を新設し、成人したニート、フリーターを対象から外す方向で検討に入った。現行制度は、成人した子どもが経済的に自立しないまま、親が生活費を負担しているケースも控除対象となっているため「子育ての負担軽減という趣旨から外れる」(税調幹部)と判断した。
 少子高齢化による労働力の減少を補うため、ニート、フリーターを抱える世帯の税負担を増やすことで、若年層の本格的な就労を促進する狙いもある。現在は収入が一定以下の親族であれば、年齢に関係なく扶養控除の対象となる。
 控除対象から除外した場合、サラリーマンと専業主婦の夫婦が年収103万円以下の成人したフリーター1人を扶養する世帯の納税額の増加は、年収500万円で約3万円、年収700万−1000万円で約7万円の見込み。

[PR]

by e_jovanni | 2006-05-22 22:49 | ニート

<< 随分、違うんだけど? 教材になるのかな >>