まだまだ続く差別   

Excite エキサイト : 社会ニュース <ハンセン病>差別におびえ続けた女性語る 富山市民学会

ハンセン病(ハンセンびょう Hansen's disease)とは、抗酸菌の一種である「らい菌(Mycobacterium leprae)の末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症。旧称癩病(らいびょう)。ハンセン病の名は、1873年(明治6年)にらい菌を発見し、古来癩病と呼ばれてきた病気の主体を占めたこの病気の原因を突き止めたノルウェーのアルマウェル・ハンセン(Gerhard Henrik Armauer Hansen)に因み、「ハンセン氏病」と表記されることもあった。
感染・発症すると、末梢神経が侵され、皮膚症状が現れたり、病状が進むと身体に変形が生じることもあるが、重篤な病変には至らない。発病した場合、患者のらい菌に対する抵抗力によって、類結核型(T型)、らい腫型(L型)、その中間の境界群(B群)および初期の群(I群)に分類される症状を呈する。

らい菌の感染力は極めて弱く、感染しても発病するのは稀であり、体力や抵抗力が非常に弱くなっている時に発病する。以前は不治の病とされていたが、1943年(昭和18年)にアメリカのファジェ(Guy.Faget)により治療薬「プロミン」が発見され、さらに効果の上がる新薬や治療方法も開発された結果、薬によって完治できる病気になっている。

日本での対処の方法は「癩予防法」により隔離政策が長年行われ、ハンセンにより伝染病であることが証明されても、治療方針が改められることはなく、旧来からの差別に加え今度は伝染に対する恐怖感を煽り、患者に対する差別・偏見は激しさを増し、その差別は患者家族にまで及ぶものとなった。薬が発見された後も「らい予防法」により、その政策が変わる事はなかった。2001年(平成13年)5月11日の判決により、漸く国の責任が認められ「らい予防法」が無くなったが、長年の偏見差別はそう簡単に消えるものではない。


d0040314_235839.jpg






国の隔離政策がいかに酷いものかこの事件でも明らかである。


d0040314_23111465.jpg 療養所制度の発足以来多くの療養所で大小さまざまの紛争が発生したが、昭和11年に起こった長島愛生園での紛争(長島事件)は、原因が患者側と療養所側との間にわだかまっていた根本的な対立関係に根ざしており、当時の療養所が背負わされていた矛盾が一度に露呈してきた事件、すなわち起こるべくして起こった事件といえる。
 当時、愛生園は890名の定員に対し、1,100名を超えるという定員超過の状態で、これにより、患者関係経費は実質3割も低下し、入所者の生活は窮乏の一途をたどり、居室も12畳半に8名から10名、夫婦舎も6畳1間の部屋に2組の夫婦を同居させるという非人道的な状態であったが園は根本的な解決を図ろうとはしなかった。
 また、定員超過により、患者作業の作業賃の支出が3倍以上の増となり、作業賃の捻出が困難になった園は、8月10日、夏期早朝作業のはじまる午前5時半、職員による作業場の総点検を実施し、患者側の反発を買った。同じ日、逃走を計画していた4人の患者が検束され、監禁室に入れられた。
 これらのことが契機となり、作業放棄から全入園者によるハンストや服薬も拒否した「長島事件」がはじまった。入園者大会で、1.待遇改善、2.自治性の認可、3.園長たち4幹部の辞任、4.内務省への直接陳情、5.内務省係官の視察、を要求することなどが決議され、要求書が提出されたが、交渉はなかなかまとまらなかった。
 交渉が長引く中、警察隊が導入され、岡山県特高課長の斡旋と仲介により、一応の解決を見たのは8月28日であった。


ハンセン病が遺伝とされたため断種が行われ、生まれた子供はホルマリン漬けにされたまま親、姓名不詳のまま今日に至っている。いかに偏見差別が彼らに染みついているかはこの記事からも明らかであろう。


 富山市で開かれた「ハンセン病市民学会」(事務局・熊本市)の総会・交流集会で14日、九州在住の女性(61)が、両親がハンセン病だったことを嫁ぎ先の家族に隠し、その自責の念から離婚するなど、差別におびえ続けた半生を語った。数年前から本名で講演活動を続けているが、今も葛藤(かっとう)と恐怖とともに生きているという。「偏見差別の恐怖から解き放たれる日が来るように」と、願いを込めて会場に語りかけた。

 両親は一時、国立ハンセン病療養所、星塚敬愛園(鹿児島県)を逃げ出して、女性を出産。しかし、女性が4歳の時、同園に引き戻された。
 両親は将来のことを考えて、女性を戸籍から外していた。女性は学校、職場で、「両親は死んだ」と話した。結婚相手にだけは両親の存在を告げたが、「(自分の)親に決して明かしてくれるな」と言われて、従った。
 30代の時、父が危篤になり、敬愛園に駆け付けた。「このままの状態が長く続いたら、(留守にすることを)家族や職場に何と説明しよう」と悩んだが、父は間もなく息を引き取った。「何くわぬ顔をして戻った」というが、家族にうそを言うなどし、父を十分にみとることができなかったのではないか、という自責の念からその後、離婚。母も亡くなった。
 5年前に熊本地裁が強制隔離を違憲と断じたハンセン病国賠訴訟を通じ、同じ境遇の家族と交流。「不条理な世の中が続いてほしくない。仲間のために前向きに生きてみよう」と、心に変化が生まれ、数年前から支援者の前に立つようになった。しかし、メディアに顔や名前を出すことには、まだ、ためらいがある。「そこまで自分を投げ出せない」と話す。
 報告は家族部会であり、女性は約20分間、時折、声を詰まらせながら語った。「私はなぜこの世に生まれてきたのかを問い続ける。恐怖から解放された時に、両親に『産んでくれてありがとう』と心から手を合わせられるような気がします」

[PR]

by e_jovanni | 2006-05-15 23:18 | 人間として

<< それからのベトナム 今日は母の日 >>