何のために不正値引き?   

Excite 別納郵便27億不正値引き 長岡郵便局で内規違反

何のためにここまで不正な値引きをしたのか理解できません。
以前にもこんなニュースが有った様に思いますが、これが初めてなんですかね。
発送する時は通数を申告して、それにより別納料金を支払うわけですが、大口の顧客を失いたくない為に長岡郵便局でこんな事をやってくれたからわざわざ長岡から発送していたわけですか。
広告郵便は最大で40%引きくらいですかね、通数を申告しても実際の話、数が多ければ多いほど数えるのは不可能に近いと思います。
何年か前は一万通以上出していましたが、その当時本当に数の確認は無かったです。
その辺は目分量でしたし、担当者によっては端数分は値引きしますと言ってサービスしてましたが、これも不正値引きになるんでしょう。支払はその場で現金払いですので、そんな遅れて支払いが出来るほど優遇してもらえなかったです。特定郵便局だったら確実に全部数えてました。まあそれには付き合いきれなかったですが。
多少の値引きは通常の取引上あり得る話ですが、ここまで行くとちょっと異常、背任横領の可能性があります。民営化で改善されるかと言えばすごく疑問が有ります。
今のままの体質では同じ事をまたやるでしょうね。
内部体質をよほど変えていかないと無理でしょう。





 日本郵政公社の長岡郵便局(新潟県長岡市)が郵便料金の「別納制度」をめぐって、過去最大の約27億円の損失を出していたことが12日、明らかになった。東京都内のダイレクトメール発送代行会社から本来の料金約53億円のうち、約26億円しか徴収していなかった。同郵便局は内規に違反して発送代行会社に対し、郵便物の数の確認や料金受領などの手続き面で優遇しており、事実上の不正値引きといえる。
 郵政公社は12日、同郵便局職員ら34人を減給や戒告などの処分にしたと発表した。
 郵便事業のうち、ダイレクトメール発送では民間物流事業者との競争が激しくなっている。不正の背景には、同郵便局側に大口顧客を他社に取られたくないとの思惑があったとみられる。

[PR]

by e_jovanni | 2006-05-12 23:00 | 人間として

<< 原爆炸裂の瞬間 郊外店で酒は? >>